セロトニンのサプリと増やす方法 » セロトニンとは » よく噛む・よく遊ぶ – 健康な脳を作るセロトニンを増やす為に

よく噛む・よく遊ぶ – 健康な脳を作るセロトニンを増やす為に

読了までの目安時間:約 4分

セロトニン神経を鍛えるために、よく噛む・よく遊ぶ

 

 

セロトニンは、子供の時こそ、増やす努力を怠らない事が大切です。

もちろん、大人になってからもですが、、

 

その為にも是非注意して欲しい事が、よく噛む、よく遊ぶことです。

 

以前にも書きましたが、子供の頃から家に引きこもりがちで、ゲームに熱中しているような生活を送ると、セロトニン神経が弱ってしまい、とんでもない結果を引き起こしてしまいます。

 

例えば、うつ病やパニック障害などの精神的な病気。

キレやすく、凶暴な性格も、セロトニン神経が弱ったり、セロトニン不足が原因で引き起こされる特質だと考えられています。

 

こうした現代ならではの心の病は、日頃の生活に気をつけるだけでも改善する事ができます。例えば、食事をよく噛む事、よく遊ぶ事もこれに含まれます。

 

 

よく噛む事の重要性

 

最近では、固い物はなるべく避け、柔らかい物を好んで食べる子供が増えているそうです。

よく噛むと頭が良くなる集中できるなどと良く言われますが、セロトニン神経を鍛えるという意味でも、よく噛む事は重要な事なのです。

 

セロトニン神経が咀嚼(そしゃく)運動によって活性化される事は、実験で明らかにされています。固い食べ物を少し時間をかけて、咀嚼する事によって、セロトニン神経が刺激されるのです。

 

これと似た原理で、ガムを噛み続ける事も、セロトニン神経の活性化に繋がります。

また、一定のリズムを維持しながら咀嚼を行う事で、セロトニン神経の活性に、更に効果を期待できます。

いずれにしても、柔らかい食べ物ばかりを好んで食べていては、咀嚼運動が効果的に行われません。特に子供のうちは、固い食べ物を選んで食べる方が良いでしょう。

 

 

よく遊ぶ事の重要性

 

よく遊ぶと言っても、セロトニン神経を鍛えるという意味で効果的なのは、外に出て走り回るような事、と考えてください。具体的には、リズム運動と呼ばれる、一定のリズムを意識した運動です。

 

特に効果があると考えられる物に、子供の場合は、歩く、走る、自転車に乗る、泳ぐ、と言った行為もこれに含まれます。ただ、特に意識していなくても、友達と外でよく遊ぶのなら、こうした事が自然にできているはずです。

 

外に出てよく遊ぶという習慣がない子供達は、運動教室や部活動などに通うのも1つの方法です。水泳やサッカーなど、セロトニン神経の活性化に繋がります。

 

ただし、特にお金をかけなくても、普通の子供がするように外で身体を動かすこと。よく遊ぶ事をしていれば、何の心配もありません。

 

間違っても、毎日家の中でテレビゲームに熱中するような生活だけは、避けなければいけません。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら