セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病症状 » 「休みたい」自ら休職の診断書を求めるのは、本当にうつ病?

「休みたい」自ら休職の診断書を求めるのは、本当にうつ病?

読了までの目安時間:約 3分

これまで考えられてきたうつ病は、他人から見れば「真面目過ぎる」と思われるような人が発症するのが普通でした。治療する医師に、仕事は休んで休養するように勧められても、「同僚に迷惑をかける」という思いが強く、自ら休みたいなどと言う事はほとんどありません。
また、本来であれば長期間の休養が必要な時でも、自ら「なるべく早く復帰させて欲しい」と要求する事も良くあります。
良く言えば責任感が強いわけですが、自分がうつ病であるという認識に欠けているとも言えます。

 

 

自ら休職したい「うつ病」

 

これに比べて、最近は全く異なるタイプのうつ病患者さんも増えているそうです。「非定型うつ病」と言われるこうしたうつ病の人々は、自ら休職したいという意思を、はっきり持っています。

多くの場合、こうした人たちは、自ら休職の材料となる診断書を求めて病院へやってきます。
医師から休職を勧めるよりも先に、自ら休職したいので診断書を書いて欲しいと切り出す事もあります。このように書くと、まるで悪く言っているように聞こえてしまいそうですが、決してそういう訳ではありません。

非定型うつ病の患者さんは、強いストレスから逃避する為に、それはそれで一生懸命になっているのです。

逃避的な思考

非定型うつ病の患者さんは、自分が今置かれている辛い状況をなんとか脱する為に、必死です。
仕事を長期間休む為に診断書を求める場合もあれば、現在の仕事を辞めて転職する為の方法を考えている場合もあります。

医師の方から仕事を休養する事を勧めると、喜んでそれに応じます。
この点は、これまで一般的に考えられていたうつ病とは大きく異なる点です。

また、なるべく長期間休みたいと自分から持ちかける場合もあります。休職を何度も繰り返そうとしたり、延長したいと考えるのも、この病気にはよくあるようです。
これまでの定型うつ病とは症状が全く異なりますが、これも非定型うつ病に該当します。

ところで、本当は身体的にも精神的にも全く不調がないのに、症状を偽って診断書を求める場合は「詐病」です。「詐病」は全く異なる症状です。
しかし、本当に辛い、身体的に何らかの不調があるという場合は、「(非定型)うつ病」として考えられます。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら