セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病対策 » 休みの日・日曜日になると体がだるい、疲れやすいという人へ

休みの日・日曜日になると体がだるい、疲れやすいという人へ

読了までの目安時間:約 4分

休日になると、決まって体がだるく感じてしまう。疲れやすくて何もする気が起こらないという方がいます。

 

家族や友人たちから見ると、だらしがないという目で見られることもしばしばです。

しかし、実際に一番辛いと感じているのは、本人です。ダラダラと布団の上で過ごすことが好きな人なら良いですが、人間はそのような生活を続けていると、自分がダメな人間になったような気さえしてしまいます。つまり、余計に嫌な気分になるのが普通です。

 

本当は、もっと充実した日々を送りたい。もっと活動的な人生を送りたいと考えるのが普通です。なぜ、自分の強い想いとは無関係に、体は「だるさ」や「疲れ」に圧倒されてしまうのでしょうか。

 

体の不調

 

日曜日に「だるい」のは私のせいではない

 

きっと、多くの人は「だるくて疲れやすいのは、私のせいではない」と考えているはずです。
その通りだと思います。こうした症状は、検査をしても病気としてはっきり分かるものではありません。生まれつきの体質が、多少なりとも影響して身体にあらわれる症状です。

 

私自身、同じ症状で長く悩み、病院では原因が分からないと言われ続けてきました。

ただし、そうは言っても、体質の問題だからといって諦めてしまう必要は全くありません。体質は、ある程度自分自身の努力によって変えることができるものです。

私の場合も、運動療法と生活習慣の改善で、あれほど苦しんできた体のだるさは、今ではほとんど解消されています。具体的には、難しいことはしていないと思います。

 

とにかく、どんなにきつくても毎日規則正しい生活をしばらくは続けます。そして、毎日30分程度のウォーキングを続けることです。

これだけで、どれだけ症状が改善されるのかは、あなた自身が是非実践して試されてみてください。

 

全ては「脳」に関係があった?

私が上に書いたように、生活習慣などを見直すきっかけになったのは、自立神経失調症という病気について調べ始めたことがきっかけです。
自立神経失調症は、自立神経のバランスを崩すことにより、全身に様々な不調をもたらす病気です。これは、心の状態とも密接に結びついている症状です。

 

朝の全身のだるさや、その他の体の不調について調べてみると、私の場合、どうしても自立神経失調症としか考えられなかったのです。そこで、自立神経を整えるために、自分でできることとして、徹底して生活習慣を見直したのです。

 

その結果、3ヶ月もすると、体調はみるみる改善され、今では身体がだるいと感じることは全くなくなってしまったのです。

もしあなたが同じような症状で苦しんでいるのだとしたら、規則正しい睡眠時間を守り、朝は毎日早く起きることを、多少は無理をしてでも続けてみてください。それから、毎日運動をして、バランスの良い食事を心がけることです。

 

そんな当たり前のことを言われても、、と思われるかもしれませんが、徹底して続けている人を、私は見たことがありません。もし、これらを徹底して続けたのなら、あなたの身体にも少しづつ、しかし明らかな変化があらわれるはずです。

 

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら