セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病症状 » 「うつ病」の診断書の表記 – 自立神経失調症って?

「うつ病」の診断書の表記 – 自立神経失調症って?

読了までの目安時間:約 3分

うつ病で仕事を休み、病院を受診した際に、「自律神経失調症」という風に診断書に書かれる場合があります。

明らかに「うつ病」や「躁うつ病」の症状なのに、自律神経失調症と書かれるのには理由があります。
実は、多くの場合、患者さんの希望によって「うつ病」と書かれる事に抵抗がある場合に、自律神経失調症と明記されることがあるのです。患者さんが、うつ病と書かれる事をいやがる理由は様々です。

 

 

診断名に「うつ病」と書かれたくない

 

最近では、うつ病に対する偏見はだいぶ減ってきています。

職場によっては、うつ病という言葉に全く抵抗がない企業もあるでしょう。しかし、それでも人にうつ病とカミングアウトする事に抵抗を感じる患者さんは少なくありません。

 

特に、生真面目で仕事熱心な人ほど「うつ病」で仕事を休む事に抵抗感を感じています。仕事に復帰した後で、「あいつはうつ病だから、、」と、気を遣われるたり、後ろ指を指されたりするのではないか。同僚の偏見が、仕事にも影響するのではないか、という事を気にしてしまいます。

 

医師は、こうした患者さんの意向を汲み取ります。

 

 

自律神経失調症の診断は間違っていない

本当はうつ病なのに、診断書に「自律神経失調症」と書く事は、診断書の偽造に当たらないかと、疑問に思う方も居るかもしれません。

「うつ病」は「傷病名」といって、病気の名称です。自律神経失調症は、「症状名(状態名)」を指します。傷病名ではなく、症状名を診断書に書く事は、特に問題となることはありません。

 

うつ病の場合、実際に「倦怠感」や「不眠」、「食欲不振」など、自律神経が失調した状態を引き起こす事が普通です。本当の事を書いているので、当然ながら、何ら問題になることはありません。
うつ病は「心の病」だけに、治療する側もこの点に気を遣ってくれるのは当たり前なのかもしれません。

 

うつ病_自律神経失調症

 

 

医師の治療を受けるのが先決

うつ病の症状で悩み、仕事を休んで治療や休養をしたいという場合には、必ず医師の治療を受ける必要があります。

会社に診断書を提出しなければいけない場合もあるでしょうが、うつ病と書かれるのはちょっと抵抗がある。そうした場合は、医師にその旨を伝えてみましょう。

 

大抵の医師は、うつ病ではなく、自律神経失調症などの状態名を記載してくれるはずです。

うつ病は、自分1人でなんとかできる病気ではありません。なるべく早い段階で医師に診察してもらい、早期発見・早期診断を心掛ける事は、非常に重要です。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら