セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病克服 » うつ病ほど「理解されにくい」病気はない理由..

うつ病ほど「理解されにくい」病気はない理由..

読了までの目安時間:約 3分

骨折や風邪をこじらせ、しばらく仕事を休んでいたなら、きっとこんなこと言葉をかけてくれるでしょう。

 

  • 「無理しなくていいよ」
  • 「何か手伝うことあったら言ってね」
  • 「ちょっと休憩したら?」

 

でも、時として、うつ病の人には違う言葉が出てくる事があります。

 

  • 「もっとしっかりやれ」
  • 「早くしろ」
  • 「気合が足りないんだ」

 

必死でやっているのにこんなことを言われたら、増々辛い気持ちになってしまいます。どうしてここまで違うのか、身近にいる家族や職場の人だからこそ理解してほしいと思います。

 

うつ病は外見では分からないため、周りの人にさえ分かってもらえず「ずる休み」や、「怠けている」「本当に病気なのか?」と、誤解される傾向があります。

 

うつ病の治療に必要なのは、薬と休養です。

休養の意味を理解してもらうには、医師の診断で「入院」となると、少しは深刻さが分かってもらえるかもしれません。

自宅療養で家族にも理解されていないと、心も体もゆっくり休めません。

 

  • 「寝てばかりでゴロゴロしている」
  • 「食事を作っても食べないなら、もう作りたくない」
  • 「いつまで休むつもりなんだ」

 

など、イライラする気持ちを小声でも吐き出されると、自分の居場所はどこにもない、迷惑な存在なんだと、どんどん追い込まれてしまいます。
友人と合う約束をしていても、行かなきゃと思うほど体が動けなくなり、「ドタキャンされた」「もう付き合うのは嫌だ」と思われて、人との交流も少なくなって孤立してしまうのです。

 

うつ病の患者さんが期待している言葉

 

  • 「マイペースでいいよ」
  • 「待っているから大丈夫」
  • 「一緒にいるからね」

 

そんな言葉をかけてもらえたら、ホッとするし、安心して休めると思いませんか。

よくうつ病の人に励ましてはいけない、頑張ってと言ってはいけないと聞きます。それなら周囲の人は無視しておくほうがいいのか?

 

そういうことではありません。

 

言葉も含めて、ゆっくり休める環境が欲しいのです。

回復するのに時間がかかりますが、周囲の理解や見守りで少しずつ良くなっていきます。

支える人がいることも、うつ病の治療に欠かせないポイントです。

周囲の人にネットでも書籍でもいい、うつ病がどんな病気なのか、どのように回復していくのかを、まずは知ってほしいと思います。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら