セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病対策 » うつ病の認知療法「特殊精神療法」とは

うつ病の認知療法「特殊精神療法」とは

読了までの目安時間:約 3分

うつ病に用いられる、特殊精神療法

 

 

うつ病の治療は、なにも薬での治療に限られる訳ではありません。
例えば、薬を使わない治療法としてよく知られている物に「特殊精神療法」と呼ばれる治療法があります。

 

「認知療法」や「洞察療法」、「行動療法」「森田療法」など、独自の理論や技法を使用した、様々な療法が存在しています。

 

 

認知療法の治療

中でも、うつ病の治療によく用いられる特殊精神療法が、認知療法です。
「認知」とは、その患者さん自身の「思い込み」や「思考」と考えると分かりやすいかもしれません。

 

例え同じような事柄が起きても、人によって感じ方は(捉え方)は様々です。

 

 

うつ病の患者さんによく見られる症状は、認知のゆがみ、とも言われています。
自分の思い込みで勝手に白黒をつけてしまったり、ひとつの考え方に固執して、客観的な考え方ができないような状態です。

 

認知療法は、患者さんのこうした偏った考え方「認知のゆがみ」を、医師と患者さんとの共同作業で、徐々に解消していく方法です。

患者さんに、より客観的で、現実的な考え方、物の見方ができるように、援助していくのが認知療法なのです。

 

 

治療法は、医師によって選択される

 

認知療法など、こうした特殊精神療法は、一般的には軽度から中くらいのうつ病に適した治療法と言われています。

 

 

重度のうつ病や、急性期のうつ病、双極性うつ病などには適していないと考えられています。

精神科医によって、うつ病のタイプや病相期、患者の特徴・環境などを慎重に考慮しながら治療法を使い分けているのが、現実です。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら