セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » 「うつ病」の家族が、患者に接する時に気をつける10カ条

「うつ病」の家族が、患者に接する時に気をつける10カ条

読了までの目安時間:約 4分

うつ病の患者さんに接する時に、注意するべき10カ条

 

 

うつ病の症状は、身近に居る家族の方の接し方がとても大切です。
家族の方の接し方によっては、患者さんの気持ちをラクにさせてあげ、回復を早くしてあげる事もできます。

 

また、その逆も充分にあり得る事です。

家族の方が、患者さんを余計に傷つけるような発言をしてしまったり、患者さんの気持ちを混乱させてしまうと、うつ病の症状を悪化させてしまう可能性もあります。

 

以下は、家族の方に気をつけて欲しい、うつ病患者さんに対する接し方の10カ条です。

 

 

1.休養できる環境を提供してあげる。

 

うつ病の治療にはとっては、まず休養が第一、と言われています。
なるべく休養に専念出来るように、学校や職場、家事など、患者さんが抱えている負担を取り除いてあげる事も大事です。

 

休養の為に、長期休暇を取るなど、割り切って休養に専念できるよう、環境作りをサポートしてあげましょう。

 

また、充分な睡眠を取る事は、うつ病の改善にはとても重要です。
ぐっすりと眠る事ができるようになると、不安や焦燥感、気力の低下などが徐々に改善されてきます。

 

 

2.完治する事を信じて、焦らない。

 

うつ病は、適切な治療を続ける事で、完治する病気です。

患者さんだけでなく、家族の方もうつ病という病気について、また、治療法について学ぶ必要があります。

 

 

3.怠けているわけではない事を理解する。

 

心の病気は、一見するとどこが悪いのか、分かりづらく、理解されにくい部分があります。

家族にしてみると、無気力で一日中家から出ずにゴロゴロしている姿は、理解に苦しむ事もあるかもしれません。

 

しかし、あくまでも本人がそうしたい訳ではなく、病気でそうせざるを得ないという事を理解してあげるようにしましょう。

また、うつ病の事をよく知らない人の意見には、くれぐれも耳を貸さないようにしましょう。

 

特に「甘やかし過ぎ」「薬は飲まない方が良い」と言った言葉に惑わされると、治療方針にも影響が出てしまいます。

 

 

4.叱ったり励ましたりしない。

 

「頑張ろう」や「しっかりしなさい」という言葉を、うつ病の患者さんに言うべきでないという事は、最近では広く知られている事かもしれません。

 

頑張らないといけないとことや、しっかりしないといけないという事は、うつ病患者さん自身が一番良く分かっている事なのです。

そんな自責の念に悩んでいる患者さんに対し、励ましたり叱ったりすることは、全く逆効果にしかなりません。

 

こうした言葉は、うつ病の方を追いつめる事にしかなりません。

励ましに近い言葉や、

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら