セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病の発症率から分かる事..どれくらいの人が発症している?

うつ病の発症率から分かる事..どれくらいの人が発症している?

読了までの目安時間:約 2分

うつ病と聞くと、身構えてしまったり、特殊な病気というイメージを持つ方もいるかもしれません。昔に比べて、ネガティブなイメージも減ってきているうつ病。

 

うつ病を発症する人は非常に多く、ありふれた病気であるという事を知っておく必要があると思います。

 

 

世界で見た「うつ病」の発症率

 

世界保健機関の統計報告によると、実に世界人口の3〜5%もの人がうつ病を発症しているという推定データがあります。
これをそのまま日本の人口に当てはめると、実に360万〜600万人もの方がうつ病を発症しているという事になります。

 

アメリカで行われた調査では、成人男性のうち、8〜11%。女性は18%〜23%もの方が、一生のうちに1度はうつ病を発症するという調査データがあるそうです。日本人の私たちから見ると、欧米人の方は明るい性格というイメージが強いですが、それでもこれだけの方がうつ病を発症していると考えられているのです。

 

日本人の場合、遺伝的にはよりネガティブに考える思考が強いとされています。欧米での基準と比べても、うつ病傾向の方が多いとも考えられます。

 

うつ病は、誰にでもある病気

これらの発症率を見ると、うつ病自体、特殊な病気ではなく、多くの人が発症する病気であると考えられます。
うつ病はよく、「心のカゼ」などと呼ばれています。

精神科を受診する患者さんのうち、約10%はうつ病の患者さんとも言われています。

誰にでもある、ありふれた病気です。長い期間、強い憂うつ感や不安感に悩んでいるのなら、周りの目は気にせず、気軽に精神科を訪れてみる事をお勧めします。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら