セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病予防 » うつ病の予防・対策に – セロトニンを含む食事

うつ病の予防・対策に – セロトニンを含む食事

読了までの目安時間:約 5分

どのような食事を摂るかによって、心(精神)の状態に影響を及ぼすと言われても、にわかには信じられないかもしれません。しかし、私達の脳の状態や気分を決める原因の一つに、食べ物から摂取される栄養素があります。

 

うつ病の原因として考えられているのが、神経伝達物質セロトニンの分泌不足です。

 

矢印2 セロトニン不足の兆候 - うつ病対策

 

私たちが普段口にする食べ物には、セロトニン神経を健全に保ち、うつ病を予防するための、様々な栄養素が存在しています。

普段からバランスの良い食事を心がけ、規則正しい生活を心がけていれば、自然とセロトニンの分泌が促されるようになるはずです。

 

体の中に取り入れる食べ物に気をつけていなければ、心の状態(精神・神経の状態)を健全に保つ事ができなくなるのは、当然の事と考えられるのではないでしょうか。

 

心を強くする

 

セロトニンを取り入れた食事で、うつ病対策

 

では具体的に、どのような食事がうつ病の改善に効果が見込めるのでしょう。

 

先ほど、うつ病の原因として神経伝達物質セロトニンの不足を原因として挙げました。セロトニンは、必須アミノ酸である、トリプトファンと呼ばれる栄養成分から作り出されます。
うつ病の予防・対策の食事療法としても、トリプトファンの含まれる食事が重宝されています。過去の記事の中で、トリプトファンを多く含む食材を取り上げていますので、参考にされてみてください。

 

矢印2 セロトニンを増やす食品

 

矢印2 バナナでセロトニンが増える?

 

また、神経を健全に保つ栄養成分は、セロトニンだけに留まりません。

ビタミンB群はセロトニンの吸収効率を高めますし、特定の栄養成分だけでなく、様々な栄養成分が働きかけています。

 

当然、感情に作用する神経というのは、セロトニン神経だけではありません。バランスの良い食事を心がけるという事は、こうした様々な神経に良い影響を与え、穏やかな感情を維持できるように働きかけるのです。

 

噛むことを意識して食べる

また、「食べ方」を意識するだけでも、うつ病の予防や対策に一役買ってくれる事も分かっています。

セロトニン神経は、規則的な運動(リズム運動とも呼ばれる)によって刺激され、セロトニンの分泌を促進します。

 

実は、噛むこと(咀嚼)は脳に刺激を与え、セロトニン神経の活性化に繋がる行為です。

ガムを噛むという行為も、立派な咀嚼運動ですので、普段から意識して行うと良いでしょう。

015853

 

食事をする時にも、柔いものばかりではなく、硬めの食べ物を意識して取り入れる事をおすすめします。
リズミカルに、しっかりと顎を動かす事を意識してみましょう。

 

食事に神経質にならない

始めにも書いたように、食事にはうつ病の予防に繋がる栄養素が沢山含まれています。
日頃からカロリーの高い物ばかりや、偏った食事ばかりをしていては、神経に悪影響を与えてしまうのは当然です。

 

しかし、だからと言って食事に極端に神経質になる必要はありません。

食事は、うつ病の予防・対策に影響を及ぼす「要因のうちのひとつ」です。当然、日頃から意識をする必要はありますが、食事にばかりこだわりすぎていてはいけません。

 

セロトニンを増やすためには、運動や規則正しい生活が重要です。うつ病の予防・対策も、バランス良く行うという事が重要です。

 

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら