セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病予防 » うつ病は食事で予防できる?

うつ病は食事で予防できる?

読了までの目安時間:約 3分

うつ病は、食事で予防することができるのでしょうか?

 

「心の病気を食べ物で治すことなんてできないのでは?」と考えるのが普通でしょうが、ある一定の効果は見込めるというのが正解です。うつ病の患者さんに向けた、食事療法について調べてみると、様々な事が分かります。

 

women_eating

 

うつ病を食事で予防するには

 

食事でうつ病を完全に予防する事は難しいかもしれません。しかし、うつ病不安神経症パニック障害の原因と考えられているのが、脳の神経伝達物質の不足です。

バランスの良い健康的な食生活を心がける事によって、うつ病の抑制に一定の効果を見込める事が分かっています。

 

神経伝達物質、セロトニンを増やすには

うつ病など、憂うつ感不安感を適度に抑制するために効果的なのが、セロトニンと呼ばれる神経伝達物質です。セロトニンとは、トリプトファンと呼ばれる必須アミノ酸を摂取する事により、脳の中で合成される脳内物質のことです。

この事から、トリプトファンをしっかりと摂取する事が、うつ病の予防に効果的だと考えられています。

 

トリプトファンは、納豆や豆腐などの大豆製品や、肉類、乳製品、バナナなどに多く含まれています。過去の記事に、トリプトファンが多く含まれている食品をまとめていますので、参考にされてみてください。

 

矢印2 うつ病の予防・対策に – セロトニンを含む食事

 

ただし、トリプトファンを沢山摂取すれば、それが全てセロトニンへと変換される訳ではありません。脳の中で変換されるセロトニンの量には許容量があります。また、後述するビタミンBなどの栄養成分が、脳の中でのセロトニン変換を促進してくれます。

 

ビタミンB群、その他の栄養素

うつ病の予防には、トリプトファンだけでなく、ビタミンB6ビタミンB12ビタミンEなども効果的です。これらの栄養成分は、神経の働きを活性化させ、セロトニンを含む神経伝達物質の合成を効率化してくれます。

 

当たり前の話だと思われるかもしれませんが、心を健康に保つ為には、身体を健康に保つ必要があります。その為には、食事のバランスに気を遣うだけでなく、運動の習慣、規則正しい生活は必須となります。

いずれも、身体の健康の為にはもちろんのこと、セロトニン神経を活性化するために効果が見込めることだとされています。

 

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら