セロトニンのサプリと増やす方法 » 未分類 » うつ病の、3つのタイプ – うつ病の原因を知る方法

うつ病の、3つのタイプ – うつ病の原因を知る方法

読了までの目安時間:約 3分

うつ病は、いくつかのタイプに分類できるという事が分かっています。
うつ病を引き起すと、感情的な考え方をしてしまい、自身に何が起きているのかが分からなくなってしまいます。
うつ病のタイプを理解しておけば、少し客観的な視点で考える事もでき、円滑な治療や対策を行う事ができます。

 

うつ病の分類法

 

うつ病の分類法の中でも、一般によく知られている「キールホルツの分類法」という方法があります。
この分類法では、うつ病を病因によって、以下の3つに分ける事ができると考えています。

 

  • 内因性うつ病
  • 心因性うつ病
  • 身体因性うつ病

 

1つづつ、詳細を説明をしていきます。

 

内因性うつ病

原因がない(もしくは分からない)のに、突然引き起されるうつ病は、「内因性うつ病」に分類されます。
原因がないとは言っても、もちろん何も無いのに突然激しい憂うつ感に襲われるのは不自然です。実際は体質や遺伝、勿論それ意外にも身体的な何らかの原因が関係しているとは考えられます。しかし、原因をはっきりと特定できない場合、内因性うつ病に分類されています。

 

心因性うつ病

何らかの、精神的なショック、または心理的な葛藤を経験した事がきっかけで、うつ病になる。こうした症状は「心因性うつ病」に分類されます。心に何らかの原因がある、という意味で、想像がしやすいと思います。
家族や、大切にしていたペットが突然亡くなった。仕事で強いストレスを経験した。失恋やイジメなど..心因性のうつ病は増加傾向にあります。

 

身体因性うつ病

身体因性うつ病は、服用している薬や、病気の影響でうつ病が引き起される場合に分類されます。例えば、「パーキンソン病」や「てんかん」「脳腫瘍」などの病気で、抑うつ症状を引き起こす事があります。

また、一部の高圧薬や副腎皮質ホルモンなどに用いる、インターフェロンなどの薬も、抑うつ症状を誘発すると考えられています。

 

うつ病の判断

通常、うつ病で精神科を受診した場合、これらの分類の中から患者さんのうつ状態の原因を探ることからうつ病の治療は始まるでしょう。抑うつ気分の原因がどこにあるのかを知る事は、うつ病を克服する上でも必須だと言えます。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら