セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病予防 » 「疲れている」時こそ運動を!ストレス解消に必要なこと

「疲れている」時こそ運動を!ストレス解消に必要なこと

読了までの目安時間:約 4分

自分なりのストレス解消法を持っているという方は良いのですが、そうでないというのなら、試してみて欲しいことがあります。
それは、疲れているから、という理由で嫌煙せずに、毎日運動をすることです。

 

運動

 

疲れているからこそ、運動が必要

 

私も、特に運動が好きな方ではありません。むしろ、なるべくなら家でパソコンでも眺めてゆっくりしている方が性に合っているタイプの人間です。

 

それでも私は必要に駆られて毎日運動をしています。運動とは言っても、20〜30分ほど、近所をウォーキングするだけです。少し余裕がある日は、本当にゆっくりとですが、走ります。軽く汗を掻く程度です。

それから、時間にゆとりがあれば、筋肉を解すためにストレッチもします。

ウォーキングとストレッチ。運動が苦手だった私にとって、これがストレスの解消には本当によく効いているのです。

 

仕事から帰ると、本来は疲れが溜まっていて、歩こうなんて思いません。私も、それが普通だと思います。

 

でも、その疲れの「原因」は一体どこにあるのでしょうか?これは、大切な質問です。おそらく、その疲れの原因は、体を動かしたから疲れているわけではないと思います。
むしろ、座ったまま長時間を過ごしたり、不自然に体が強張るような姿勢を続けていたからかもしれません。
または、ストレスを感じて筋肉が緊張し、全身の筋肉が硬くなったからかもしれません。
もしくは、筋肉の凝りなどではなく、精神的な疲れの可能性もあります。精神の疲れは、身体をも疲れさせます。心と体は連動して動いているのです。

 

そんな時には、「体を動かす」という行為が、最も効果的な「疲れを癒す行為」となります。

 

大人は、体を動かすことに慣れていない

あなたが子供だった頃を思い出してみてください。小さい子供達は、常に体を動かし続け、走り回っています。
しかし、子供は疲れることを知りません。その反対に、走ったり、飛んだり、跳ねたりすることで、ストレスを吐き出しています。

 

  • 「私にはとても、走ったりすることはできない。」
  • 「私は体力がないから..」
  • 「もう少し若かったら」

 

これは、あなたの思い込みです。
できるかできないかは、実際にやってみて判断すれば良いと思います。

 

確かに、初めの数日間は少し疲れが出るかもしれません。しかし、それもすぐに馴れてしまいます。あなたは、運動をしないことに慣れすぎているのかもしれません。

ちょっときつかったからと言って、諦めないで続けてみてください。ただ歩くことから始めて良いのです。歩きながら、しっかりと呼吸をして、周りの景色を眺めてみてください。
続けることが最も重要です。初めから無理をしないことです。

 

歩き終わった頃には、ストレスはほとんど消えて無くなっていることに気が付くはずです。
人間の体は、本来的に運動を求めているのです。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら