セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » 典型的な「うつ病」の症状とは – 見分ける方法

典型的な「うつ病」の症状とは – 見分ける方法

読了までの目安時間:約 4分

典型的な「うつ病」の症状を知っておく

 

 

うつ病は、誰もが発病する可能性のある、ありふれた病気である。
という認知が一般的に広がっています。しかし、だからこそ難しいのが、「うつ病」なのか「ただの落ち込み」なのかを、見分ける事です。

 

最近では、うつ病は「心の風邪」とまで言われる程、広く浸透している病気です。「風邪」という表現の中には、誰でもかかるし、心配しなくてもすぐに治る病気、というニュアンスが含まれている事は、言うまでもありません。

 

確かに、比較的軽度のうつ病は、抗うつ剤などで短期間の間に治る例が多く見受けられます。

それでも、うつ病を、よくある「ただの落ち込み」と考えて放置してしまうと、症状が悪化する可能性も充分にあります。

うつ病は、軽い風邪のように、「放っておけば治る」という物ではありません。

 

 

もしうつ病と分かったら、早めに治療を進める事が大切です。

 

 

その為にも、自分がうつ病なのか、それとも一時的な落ち込みなのかを見分ける事が非常に大切です。

うつ病には、典型的な症状があるので、以下にその見分け方を紹介します。

 

 

うつ病と、一時的な落ち込みを見分ける方法

 

「うつ病」なのか、一時的な「うつ状態」なのか、見極めは非常に難しいところです。

しかし、1つの基準を知っておくとその見分け方も簡単になるのではないでしょうか。
その基準とは、

 

・日常生活に支障をきたすかどうか?

 

という事です。仕事や家事、家族や友人と会う事さえもできなくなる。

これまで普通にできていた事さえ、できなくなるというのは、うつ病の典型的な症状とも言えます。

 

そして、上記に加えてもう1つ基準になる事があります。それは、

 

・日常生活に支障をきたす「うつ状態」が、長期間に渡って長く続く

 

という事です。例え、日常生活に支障を来すほどの酷い落ち込みでも、短期間のうちに症状が改善されれば、それは病気とは言えません。

 

誰にだって、酷く落ち込むことや、何もする気が起きなくなる期間はあります。
そんな期間があまりにも長く続くようでしたら、うつ病の典型的な症状とも言えますので、注意が必要です。

 

 

軽度のうつ病は治りやすい

 

うつ病についての書籍などを読んでいると、比較的軽度の症例ほど、短期間で治りやすいようです。
症状が深刻なケースほど、直す事が困難になり、場合によっては一生うつ症状と付き合って生きていかなければならないケースもあります。

 

私個人の考えでは、一時的な落ち込みで気軽に「メンタルクリニック」などへ通う事はおすすめしません。

ですが、症状が長期間に渡って続き、さらに日常生活に支障を来している。果ては、「死」について考えるるような事さえあるのなら、迷わず心療内科や精神科を受診した方が良いでしょう。

 

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら