セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » 単極性障害と、双極性障害の違い(うつ病の分類)

単極性障害と、双極性障害の違い(うつ病の分類)

読了までの目安時間:約 2分

うつ病には、2種類の症状があります。
うつ病の方なら聞いた事があるかもしれませんが、「単極性うつ」と「双極性うつ」の違いです。以下に2つのうつ病の違いを記載しておきます。

・単極性うつ病..
うつ状態(抑うつ気分)だけがあらわれる。
・双極性うつ病(躁うつ病)..
うつ状態だけでなく、躁状態もあらわれる。

「うつ病」と「躁うつ病」

 

一般的に、うつ病というと、「単極性うつ病」の事を意味しています。

「躁うつ病」と言えば、うつ状態と躁状態(気分が高ぶっている状態)の両方の症状が現れる状態。つまり「双極性うつ病」の事を意味しています。

 

双極性障害の2つの基準

ところで、双極性障害には2つの基準があります。これは、「双極性障害 I型」と「双極性障害 II型」とで分類をされています。一般的に、「II型」は「I型」よりも軽い症状だと思われているそうですが、実際はそうとも言えません。
「II型」の症状は「I型」と比較すると、症状をコントロールしにくく、うつ症状を再発しやすいと考えられています。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら