セロトニンのサプリと増やす方法 » アーカイブ

依存のない抗不安薬は存在する?

読了までの目安時間:約 5分

抗不安薬には、様々な成分のものが存在しています。不安に効く薬で、最近まで主流の薬と言えば、「ベンゾジアゼピン系」と呼ばれている薬です。

この薬は、1980年代までは不安に効く「抗不安薬」として頻繁に処方されていたものです。もちろん、今でも不安の解消やうつ病など、多く処方されています。

 

しかし、ベンゾジアゼピン系の薬は2〜3週間から数ヶ月、継続的に服用す続けると、身体が薬に対する耐性を作り出します。結果的に、次第に薬の服用量が増えてしまうのです。さらに、数ヶ月ベンゾジアゼピン系の抗不安薬を服用していると、突然薬をやめた時に「離脱症状」と呼ばれる強い副作用を引き起こします。… 続きを読む

抗不安薬に副作用はある?不安や焦燥感が強くなる

読了までの目安時間:約 4分

医薬品である抗不安薬に、全く副作用がないという物はありません。薬の成分によって副作用も様々ですし、副作用の種類や強さも様々です。

薬に使われている成分も様々で、どの神経にどのような作用を与えるか、という点が副作用の強さや種類に大きく関係してきます。

精神安定剤

 

抗不安薬の副作用

 

近年主流となっているうつ病の薬、抗不安薬に、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)があります。SSRIの具体的な薬としては、以下のような薬剤名が挙げられます。… 続きを読む

抗不安薬は市販されている?確実な入手方法は

読了までの目安時間:約 4分

抗不安薬、精神安定剤は、薬事法麻薬及び向精神薬取締法により、医師の処方箋なしに売買することは禁じられています。当然、家族や知り合いが処方してもらった薬を、勝手に貰ったり販売することも許されません。

そのような事をすれば、犯罪とみなされてしまうのです。

サプリメント

抗不安薬を手に入れる方法は?

 

上記にも書いたように、気分を向上させる(向精神薬)は麻薬と同様の作用を引き起こす危険があるため、通常は市販品として入手する事はできません。… 続きを読む

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら