セロトニンのサプリと増やす方法 » アーカイブ

うつ病と不眠 – 質の良い眠りがうつ病を予防する

読了までの目安時間:約 4分

うつ病は、不眠の症状を併発して持つことが多く、不眠症の人はうつ病になりやすいことも知られています。
うつ病と不眠は切り離して考えることができないくらい関連があるということです。

 

睡眠と体内時計

 

脳の中心に近い松果体という部分から「メラトニン」というホルモンが、睡眠中に多く分泌されています。
メラトニンは朝起きてから光を浴びると体内時計のスイッチが入ります。

それから15~16時間後にまたメラトニンの分泌が始まります。この時間帯が睡眠に入りやすい時間です。

メラトニンはだいたい夜10時頃から分泌が始まり、深夜に最大量が分泌されます。

 … 続きを読む

不安で真夜中に目が覚めて、眠れない、、原因はうつ病?

読了までの目安時間:約 4分

うつ病患者さんに多い、不眠の症状

 

 

うつ病の方に多く見られる症状が、真夜中にが覚めて、そのまま寝つけなくなる症状です。

真夜中というのは、明け方にも近い2〜4時くらいの時間です。

 

目が覚める理由も、たまたま目が覚めるという訳では無く、寝不足でほとんど寝ていないにも関わらず、不安感や嫌な気分、悪い夢を見て目が覚めてしまうという症状です。

 

嫌な気分で目が覚める訳ですので、大抵の場合、その後はなかなか寝つけない事がほとんどです。

 … 続きを読む

不眠症に「睡眠改善薬」は効かないのか?

読了までの目安時間:約 4分

不眠を改善するための、薬やサプリメントは、今や沢山販売されています。

サプリメントの場合、リラックスハーブ成分の物が、睡眠に効果的として、よく売れているようです。また、サプリとは異なりますが、ドラッグストアでは「ドリエル」などの、「睡眠改善薬」と呼ばれる種類の薬がよく売れているそうです。

 

こういったサプリの効果は、人によってかなり感じ方が異なります。
すぐに眠れるようになった、という人もいれば、全く効かなかったという人もいます。また、最初は効果を感じていたが、しばらくすると効かなくなったという人もいます。

 

睡眠改善薬は、あくまでも「眠りやすくする為のもの」続きを読む

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら