セロトニンのサプリと増やす方法 » アーカイブ

「うつ病の不眠」に効果的なサプリメント

読了までの目安時間:約 3分

うつ病や、過度のストレスで悩んでいる人に多く見られる傾向として、「セロトニン不足」が考えられると言います。

脳の中で、神経伝達物質「セロトニン」が作られていなければ、不安や緊張感、ストレスをうまくコントロールする事ができなくなってしまいます。
ストレス

セロトニンは、睡眠ホルモンである「メラトニン」の材料となる物質です。
セロトニンがしっかりと作られていなければ、夜になっても充分に眠ることができなくなるのです。

 

うつ病の人や、ストレスが多い生活を送っている人に限って、夜になると眠れないという症状は、こうした背景があるからだと考えられています。

 

寝れなかったら運動をするべき?

 

よく、うつ病やストレス、不眠で悩んでいる人に「運動をしてください」「早起きをしてください」という事を言う医師がいるそうですが、この事は理にかなっているそうです。… 続きを読む

うつ病の初期症状「不眠症」を解消する

読了までの目安時間:約 3分

不眠はうつ病によくある症状のひとつです。

 

慢性的な不眠が続くと、高い確率でうつ病を発症しやすくなります。

不眠の原因は環境、生活習慣、精神的な病気、身体的な病気などが考えられます。時々眠れない日がある程度であれば問題ありません。

日常生活や社会生活に支障がでてくる、日中に眠気やだるさを感じたり、集中力の低下によって、事故を起こす可能性がある場合は、治療が必要になります。

精神的な影響によるものは、様々なストレスによって、脳が興奮状態になっていると考えられています。… 続きを読む

不眠症は、セロトニン不足が原因?

読了までの目安時間:約 4分

幸せホルモン、セロトニンの不足は不眠症の原因に

 

 

不眠症

 

幸せホルモンと呼ばれている、セロトニン。

 

セロトニンが不足することが、不眠症の原因になると言うと、少し意外に感じるでしょうか。

しかし、実際に調べてみると、眠りを促すホルモン、メラトニンと、脳内物質のセロトニンには深い関係があります。
この事を知る前に、まずはメラトニンが脳の中でどのような働きをしているかを説明します。

 … 続きを読む

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら