セロトニンのサプリと増やす方法 » アーカイブ

「うつ病の不眠」に効果的なサプリメント

読了までの目安時間:約 3分

うつ病や、過度のストレスで悩んでいる人に多く見られる傾向として、「セロトニン不足」が考えられると言います。

脳の中で、神経伝達物質「セロトニン」が作られていなければ、不安や緊張感、ストレスをうまくコントロールする事ができなくなってしまいます。
ストレス

セロトニンは、睡眠ホルモンである「メラトニン」の材料となる物質です。
セロトニンがしっかりと作られていなければ、夜になっても充分に眠ることができなくなるのです。

 

うつ病の人や、ストレスが多い生活を送っている人に限って、夜になると眠れないという症状は、こうした背景があるからだと考えられています。

 

寝れなかったら運動をするべき?

 

よく、うつ病やストレス、不眠で悩んでいる人に「運動をしてください」「早起きをしてください」という事を言う医師がいるそうですが、この事は理にかなっているそうです。… 続きを読む

非定型うつ病とうつ病 – 自殺願望と実行までの違い

読了までの目安時間:約 4分

うつ病と非定型うつ病の場合、自殺願望や実行に至るまでに、大きな違いがあるとされています。
生真面目で、自責の念が強い、これまでの一般的なうつ病(定型うつ病)の場合、誰に何も言わずに、突然自殺を実行してしまう事があります。
非定型うつ病の場合、自殺に走る前に、自殺をほのめかす言動や、自殺未遂の行動をとる場合があります。
自殺したいと口に出している人ほど、すぐには実行しない、、という説を聞いた事があるかもしれませんが、あながち間違っていない部分もあるとも言えます。

 

だからと言って、非定型うつ病の患者さんに対して、「どうせ自殺するつもりはないのだろう、、」というふうな態度は厳禁です。
批判的な対応や、無視をされたりすると、自分を否定されたショックや反動から、本当に自殺に至る事も少なくないからです。

 

 … 続きを読む

身体が鉛のように重い – うつ病の典型的な症状

読了までの目安時間:約 3分

うつ病の患者さんが訴える症状に、身体が鉛のように重い、という症状があります。

 

経験をした事のある方なら、これがどのような感じなのかはすぐに思い当たると思います。
特に、朝起きたときの身体の怠さは耐え難いもので、起き上がってもすぐに、また布団の上に倒れ込みたくなるような衝動に駆られます。
酷い場合は、身体を動かす事さえできません。

こうしたうつ病特有の疲労感を、鉛様疲労(なまりようひろう)と呼びます。
自分の身体なのに、全身が異様に重く、怠く感じ、思い通りに動かす事が困難に感じるようになります。特にうつ病の場合、明け方から午前中にかけてこの症状が酷くなります。

 … 続きを読む

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら