セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病症状 » 症状に波がある「うつ病」の特徴

症状に波がある「うつ病」の特徴

読了までの目安時間:約 3分

うつ病には、これまで考えられてきた症状とは、異なる特徴のうつ病もあります。

それが「新型うつ病」もしくは「非定型うつ病」と呼ばれるものです。

 

これらのうつ病の大きな特徴は、症状に波があるということです。

従来型のうつ病にも症状の波はありますが、非定型うつ病はそれがさらに顕著なのです。

 

 

新型うつ病(非定型うつ病)の特徴

 

主な特徴としては、自分の好きなことをしている時はとてもイキイキとし、感情豊かに過ごしています。

しかし、ちょっとしたことですぐに極端に落ち込んだり、会社に行くことをひどく拒んだりするなど、マイナス思考やネガティブ思考に捉われると、一気に従来型のうつ病と同じような状態になってしまいます。

 

反面、励まされたり褒められたりした時には、一気にネガティブな状態から脱出して、途端にやる気を起こします。

 

「ちょっとしたきっかけ」というのは、相手の言動や周囲のちょっとした態度などです。

相手に悪気はまったくないのですが、「冷たくされた」「馬鹿にされてしまった」など、被害妄想に捉われてしまうのです。まさに「ちょっとしたきっかけ」が、自分自身の全否定に繋がってしまうという特徴を持っているのです。

 

新しいタイプのうつ病

非定型うつ病は、最近になって提唱されたばかりの新しいタイプのうつ病ですが、こうした症状を持つ人というのは潜在的に昔から相当数存在します。

その人たちは「わがまま」「やる気がない」など、陰口を叩かれながら、苦しい日々を過ごしてきたはずです。

 

そうしたきっかけで、何度も転職を繰り返した人だって少なくないはずです。

そういった人たちにとって、新しく非定型うつ病というジャンルが確立されたことは、明るいニュースとも言えるかもしれません。

 

これまで辛い日々を過ごしてきて、自分自身で乗り越えた人たちから見れば、「何で今さら」という思いを抱く人もいるはずです。

精神疾患というのは複雑であり、専門家と呼ばれる人たちにとっても頭の痛い問題であるとも言えるでしょう。
従来型のうつ病患者でも、症状に波があったりすることもありますし、薬の影響で一時的に気分が向上したりすることもあります。

病気が治ってきているのではないかと勘違いすることもありますが、安易な自己判断は禁物です。回復しているかどうかの判断はあくまでも医師などの専門家の判断を仰ぎましょう。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら