セロトニンのサプリと増やす方法 » セロトニン不足 » ストレスは、セロトニン不足が原因?

ストレスは、セロトニン不足が原因?

読了までの目安時間:約 6分

ストレスは、セロトニン不足から?

 

 

幸せに生きる為に、絶対に重要な事の1つ。

それは、ストレスにへの対処です。

 

 

ストレス_対処

 

 

社会で生きる人にとって、程度の差こそある物の、ストレスを抱えない人はほとんどいないと思います。当たり前の事のように聞こえるかもしれませんが、ストレスに対する嫌な感情(感じ方)は、人の脳(心)の感じ方によるものです。

 

そして、嫌な感情、不快な感情を制御する事に、セロトニンが深く関わっているという事は、既にこのブログでも何度か紹介してきた通りです。

 

今回は、ストレスとセロトニンの関係。
ストレスを感じない為の心の作り方について、紹介していきたいと思います。

 

 

ストレスとは何者か?

 

ストレスとセロトニンの関係を知る前に、ストレスとは一体何者なのでしょうか。

 

ストレスと聞くと、皆さんは何を思い浮かべますか。

例えば会社の上司、嫌な友人、親戚付き合い、学校の授業、、
いずれも、不快な思い出や、原因が頭をよぎるのではないでしょうか。

 

こうしたストレスの原因となる物の事を「外的刺激」と呼びます。

ストレスは、外的刺激を受けた脳が「不安、怒り、不快」などの感情を作り出す事によって発生します。

 

主に人間関係や、職場や学校などの環境を挙げる方が多いと思います。

 

しかし、外的刺激には、人間関係や環境以外にも様々な物が挙げられるでしょう。

騒音や寒さ、暑さ、匂い。病気や収入の減額。。

数え上げればキリがありません。

そんなに細かい事までストレスの原因になるだろうか?と思われる方もいるでしょうか。

 

しかし、実際に「今のあなたのストレスは何ですか?」と訪ねると、「部屋が狭い事」「寒いので、暖かい場所で暮らしたい」と答える方も多いようです。

こうした、意外な事でもストレスに感じ、幸福度が下がる事もあるのです。

 

そして、ストレスの感じ方は人それぞれです。

 

部屋が狭い事が嫌で嫌で仕方がない人は、広い家に引っ越さなければ、それが原因でうつ病になる可能性だって充分にあります。

 

逆に、狭くても充分に幸せを感じる人だっています。

こうした事は、全てその人の感じ方次第です。

 

つまり、何をストレスに感じるのかは、脳が決める事であり、極端に言えば、ストレスは脳が作り出す物なのです。

 

 

セロトニンが果たす役割

 

ストレスは脳が作り出すのなら、どうすればこのストレスから解放される事ができるのでしょうか。

 

セロトニンは、不安や怒り、緊張などの感情を抑制する働きのある、脳の中の神経伝達物質です。

 

幸せホルモンとも呼ばれるこの物質は、極端な感情の浮き沈みをある程度コントロールしてくれるのです。

実際に、うつ病患者さん、パニック障害などの心の病を持つ患者さんは、セロトニンを作り出す神経(セロトニン神経)が弱っており、脳のセロトニンが不足していると言われています。

 

その為、こうした病気を患っている方が、心療内科や精神科を受診すると、脳のセロトニン濃度を上げるSSRIという薬を処方される事があります。

 

セロトニンは、感情を制御する上で重要な物質である事が分かります。
セロトニンの不足を解消することができるのなら、ストレスを感じる神経を、ある程度抑制する事ができるでしょう。

 

 

セロトニンを増やす為に

 

それでは、どうすればセロトニンを増やし、ストレスを感じにくい脳を作ることができるのでしょうか。

 

最近では、セロトニンを増やす為のサプリも販売されています。

セロトニン神経は、生活習慣を改善する事によって、ある程度鍛える事ができると言われています。

 

セロトニン神経を鍛える事で、セロトニンを分泌しやすい脳を作る事ができます。
これまでの記事にも紹介していますが、普段の生活習慣や食生活を改善する事が、とても重要な事です。

 

具体的には、毎日の運動や、人と話す事。朝日を浴びる事などは、セロトニン神経を鍛える為の、基本的な事と言われています。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら