セロトニンのサプリと増やす方法 » セロトニンとは » SSRIと離脱症状 – セロトニンの薬と危険性

SSRIと離脱症状 – セロトニンの薬と危険性

読了までの目安時間:約 4分

セロトニン神経に作用する、SSRIの危険性

 

 

SSRI_危険

 

うつ病パニック障害気分障害などで悩む患者さんに処方されることのある、SSRIと呼ばれる処方薬。セロトニン神経に作用するSSRIなどのお薬は、一時的に脳のセロトニン濃度を増やします

気分障害などを始めとした、様々な心の病いの症状が改善されるとして精神科や心療内科でも処方される処方薬です。

 

しかし、お薬をやめる際に離脱症状などの苦痛を伴う例も多くあるとして、知られています。

患者さんによっては、こうした薬が手放せない状況に陥ってしまい、なんとか抜け出したいという悩みを持っている方も、沢山いるようです。

 

製薬会社さんは、「心の病は病院で治せます」といった広告を流し、憂うつな気分で悩む方に、なるべく手軽にお薬を処方できるように促しています。

日本よりも早くSSRIが普及した欧米では、SSRIの乱用や離脱症状が、大きな問題になっていました。

 

最近ではこうした問題が見直され、薬に頼らない治療の考え方が普及しているとも言われています。欧米よりも、どちらかと言えば遅れて普及している日本ではどうでしょうか。

少し主観的な見方になりますが、抗うつ剤から抜け出せずに悩んでいる患者さんが、沢山いるように感じます。

 

 

苦痛を伴う、離脱症状

日本では、パキシルや、レクサプロなどといったお薬が、セロトニン神経に作用するSSRIというお薬です。こうしたお薬の特徴として、一時的にセロトニン濃度を上げても、根本的にセロトニン神経を鍛える効果は無いという点です。つまり、お薬をやめた途端に効果は無くなってしまうのです。

 

更に、SSRIに慣れてしまうと、セロトニン神経が自らセロトニンを作り出す力が弱ってしまいます。

薬が無くなってしまうことによって、脳の不安定感が増し、不安やパニック、発作などの様々な症状を引き起こすとされています

 

これらの反作用のことが、離脱症状と呼ばれ、SSRIは離脱症状の例が多いことでも有名です。

ただし、全ての人にこのような離脱症状があるというわけではありません。

また、SSRIにより、うつ病を克服した方が沢山いることも事実です。

 

SSRIによる離脱症状を防ぐ為には、徐々に薬の量を減らしていく、減薬療法という方法が用いられます。

 

ナチュラルにセロトニンを増やす方法

SSRIなど、離脱症状や副作用を心配せずに、生活習慣を改善することでセロトニンを増やす方法にも注目が集まっています。

 

抗うつ剤とは違い、ある程度時間の掛かる方法ですが、普段からリズムを意識した運動を行う人と触れ合う時間を作る食生活を改善するなどの方法です。

近年はセロトニンを増やす為のサプリメントも販売されています。

 

うつ病や心の病を改善する為に、基本的な生活習慣を見直す事は、長期的に見ても最善の方法である、という風潮が少しづつ広がってきているようです。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら