セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » 沈んだ気持ち、落ち込みが治まらない原因は..

沈んだ気持ち、落ち込みが治まらない原因は..

読了までの目安時間:約 3分

人間なら、生きていれば誰しも落ち込んだり、気分が沈んでしまうことがあるはずです。しかし、いつまで経っても治まらない落ち込みやうつ病は、ただの落ち込みとは違うかもしれません。

うつ病と、正常な範囲の「落ち込み」は、どのように見分ければ良いのでしょうか。

 

治まらない気分の落ち込み、沈んだ気持ち

 

嫌な出来事や、悲しい出来事。異性に振られてしまったり、何もやる気が起こらなくなってしまったり、、
長い人生を生きていると、誰にだって1度はものすごく落ち込むことがあるはずです。通常であれば、いつの間にか悲しい出来事を乗り越え、元のように元気になるのが当たり前のことです。
しかし、いつまでも沈んだ気持ちのままの状態や、落ち込みが消えない場合は、原因として「うつ病」が考えられます。

 

漠然とした憂うつ感 - うつ病の心境

経験した事の無い方には、理解し辛い感覚なのかもしれませんが、具体的に、「うつ病」の心境とはどのような気持ちなのでしょうか。うつ病の心境として、よく例えられる言葉に、「漠然とした憂うつ」という言葉があります。
何をやっても楽しくない。なぜか物悲しい。なぜか分からないけど不安。。
その気分は、「憂うつ」「不安」「悲しさ」「寂しさ」「悲しさ」「焦燥感」「劣等感」「空しい」「重苦しい」といった気分が、入り交じったような感情、と言うと少しは伝わるでしょうか。
うつ病の場合、こうした感情が一時的ではなく、長く続きます。

 

うつ病の診断基準

具体的にどれくらいの期間、こうした気分が続けば「うつ病」と診断されるのか、明確な基準は定まっていないようです。しかし、数週間から数ヶ月にわたってこのような症状が続き、さらに日常生活に何らかの悪影響を与えている場合は、うつ病と考えてもほぼ間違いはないでしょう。
実際に「うつ病」という判断を下すのは、それぞれの症状に応じて、診察した医師が判断を下す事になります。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら