セロトニンのサプリと増やす方法 » 未分類 » 無理にでも仕事を休む勇気 – うつ病になりかけ?と思ったら

無理にでも仕事を休む勇気 – うつ病になりかけ?と思ったら

読了までの目安時間:約 4分

うつ病になりかけ?早めに気付く事と対策

 

 

うつ病になりかけている時、早めに症状に気がつき、対策をする事は非常に大切です。長く仕事を続ける上でも、症状を悪化させない為にも、うつ病の対策は早めに行う事が重要です。

 

うつ病にかかりやすい人程、責任感があり、仕事を休む事や人に迷惑をかける事を極端にいやがる傾向があります。

しかし、当たり前ですが、うつ病は「病気」です。治療する為には病院に行かなければいけませんし、時間が経って自然に治るケースは稀な事と考えてください。

真面目で、責任感が強い事は良い事です。

しかし、意欲が極端に落ちている時に無理に仕事をしようとしても、ミスも増えますし、かえって自身の精神を追いつめてしまう事になります。

 

自分がうつ病にかかり始めている、、と気付いたら、思い切って仕事を休む事。勇気を出して、心療内科や精神科に行ってみる事もとても大切です。
それでは、どのような症状が出たら、どのようなうつ病の対策を行えば良いのでしょうか。

 

 

うつ病や、兆候の見極め方

 

上述した、「普通じゃない落ち込みや不安、焦燥感」とは、落ち込みや不安の「強さ」だけではなく、期間にも気をつけておく必要があります。

 

うつ病の症状と、一時的な落ち込みの違いは、その「期間」が大きな特徴のひとつです。仕事や生活に明らかな影響が出るような落ち込みが、長く続くようなら、思い切って仕事を休み、心身の疲れを取ることに専念するべきです。

 

一日で症状が全く改善しないようなら、長期間休む事や、病院で治療を行う必要があります。

 

 

不眠症は、うつ病の初期症状にも

 

うつ病の患者さんは、眠れない症状に悩まされている事が多いです。
無理に仕事をせず、抗うつ剤を服用しながらしっかり休養を取るようにすれば、自然とぐっすりと眠れるようになるはずです。

 

不眠症が改善され、ぐっすり眠れるようになると、心の焦りや不安を取り除く事ができます。

 

体調が良くなると、食べ物が美味しく食べられるようになり、食欲が増してきます。症状が重い時は何に対しても意欲や関心が持てなかったはずなのに、徐々に視界が開け、様々な事象に興味が持てるようになるはずです。

 

ただし、症状が少し回復した程度では気を許さず、治療には最後の最後までしっかりと専念するようにしましょう。

 

 

せっかく良くなったのに、、

 

うつ病の症状は治療中に改善したり、悪くなったり、という事を繰り返す傾向があります。

 

「ゆりもどし」とも言われるこうした状況は、うつ病ならしばしば起こる事ですので、悲観的に考える必要はありません。治療中は効うつ剤の効果で、終日眠気に襲われる事もあります。治療を始めたばかりの頃は、心身を休める事が大切ですので、眠くなったら昼間でも休んでも構いません。

 

ただし、体内時計が崩れて、睡眠の時間が不規則になることは、もちろんうつ病の治療にとっても、絶対に良くない事です。

 

ある程度症状が治まったら、規則正しい食事や睡眠の習慣を身につけるように努力をしましょう。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら