セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » 仕事で心に余裕がない!イライラを抑制する物質を利用する

仕事で心に余裕がない!イライラを抑制する物質を利用する

読了までの目安時間:約 8分

心に余裕を持って仕事ができれば、人生をもっと充実させられると思います。

仕事に費やす時間は、少なく見積もっても1日の半分以上です。ほとんどの時間を仕事に使っている人だっています。

 

仕事が忙しくなると、自分でも気がつかないうちにいっぱいいっぱいになってしまう。

心に余裕が持てず、つい同僚にイライラしてあたってしまう。自分の内側に篭ってしまう。

 

仕事のイライラ

 

これって、実は、とってももったいない時間ですよね。こんなふうに振舞ってみても、周りの人達はあなたに近付きづらくなるだけです。

 

少し嫌な言い方をするかもしれませんが、同僚や部下達は、表面では「大丈夫ですか?」「大変そうですね」。そんなふうに接してくれるかもしれません。しかし、本音は「また始まった、、」「忙しいオーラを出さないで欲しい」「こういう人とは仕事をしたくない」。。そんなふうに考えているのが普通です。

 

これは、当然のことではないでしょうか。誰だって、「忙しい、忙しい」と言って心に余裕のない人と一緒に居たいとは思いません。冷静さがない人、感情をむき出しにするような人は、必ず周りと衝突します。そうした人は、良い仕事ができないからです。たとえ仕事ができても、心から一緒に居たいと思うでしょうか。上司なら我慢してでも一緒に居ないといけないでしょうが。

本来、人が求めているのは、なるべく穏やかで心地よい関係です。仕事で心に余裕がない人、イライラしてばかりの人は、どう考えてもこれとは正反対です。

 

誰だって、周りの人と調和して、心地よい時間を過ごしたいはずです。それはあなたも例外ではないはずです。同僚や部下に慕われて、あなた自身も穏やかな時間を過ごしたい。きっとそうですよね。

 

仕事でテンパらない!心に余裕が持てるには

 

極端な話をすれば、心に余裕を持つ方法は、毎日の練習(心がけ)と実践が一番効果があります。何度失敗しても良いので、自分の心に「今日は絶対にテンパったりイライラしたりしない!」と強く誓うことです。

誓うだけで良くなるなら、苦労はしない、、そんなふうに考えるかもしれません。

 

しかし、そもそもたった数日で自分を変えるなんて不可能です。これまであなたが長い時間をかけて作り上げてきたのが、あなたの今の性格です。そう簡単に考え方や性格を変える事なんて、不可能です。穏やかな心を手にいれる一番正確で確実な方法は、毎日の地道な練習しかないのです。

こうなりたいと毎日イメージして、それに反する自分の行動を徹底して抑えましょう。

 

無理な仕事を言われたり、自分で抱えきれない程の仕事を与えられても、必ず冷静さを保ちましょう。どうしても無理な事を言われたのなら、怒らずに、不満を言わずに、冷静に、なぜそれが今できないのか?その事についての正確な材料を揃えて、相手に情報を伝えるのです。感情で相手を動かそうなんて、考えてはいけません。感情的になれば、相手はもっと感情的に返してくるのは目に見えています。

 

ストレス

 

心のストレッチを欠かさない

普段からストレスを溜めてばかり居ては、穏やかな心の状態を保つ事も難しくなってしまいます。だからこそ、普段から心にストレスを溜めないための「ストレッチ」が重要になるのです。簡単に言えば、トゲトゲしく、固くなった心を毎日必ず解しておくという事です。

 

それは、考え方を柔軟にしておくという事も大切ですが、実は、他にも意外な方法が効果的だと考えられています。

 

身体と心は繋がっている

あなたの周りに、毎日早起きをして、運動を欠かさないような人は居ますか?

そんな習慣を心がけている人って、なぜだか常に心が穏やかで、自分の都合で怒ったりしない人が多いと思いませんか?運動はストレスの解消に効果があると、多くの研究者が考えています。しかし、この事を軽視している人が多いのもまた事実です。あまりにも当たり前の事ほど、なかなか世間に受け入れてもらえないような気がします。

 

しかし、実はこれは科学的にも辻褄の合う、事実なのです。それは、一体どういう事でしょうか?

私たちの脳内には、様々な神経が存在しています。その中の一つに、怒りや不安などの感情を作り出す神経「ノルアドレナリン神経」と呼ばれる神経が存在しています。人間は、本能的に危険を回避する為に、ノルアドレナリン神経を備えているのです。

自分が攻撃されそうになった時に、危険を回避するためにノルアドレナリン神経は無くてはならない、重要な神経と言えます。

 

ただし、このノルアドレナリン神経が過剰に反応してしまうと、社会生活を送る上では色々と厄介な事が起きます。それが、過剰なイライラや不安、そして「テンパってしまう」ような現象です。先ほどの話に戻りますが、運動という行為は、このノルアドレナリン神経の働きを適度に抑制してくれる効果があります。

 

ノルアドレナリン神経の過剰な働きを抑制する物質が、脳の中に存在する神経伝達物質、「セロトニン」です。この物質は、不規則な生活や運動不足が続くと、脳の中で正常に放出されなくなってしまうのです。つまり、健康な生活と、精神の安定(穏やかな心)はしっかりと繋がっているという事なのです。

 

健康的な生活で、心が穏やかに

このセロトニン。30分程度のウォーキングを続けるだけでも、脳の中で分泌される事が明らかになっています。

なぜ、毎日運動を心がけている人の心が穏やかなのか、ストレスを溜めにくいのか。この事実を考えれば、納得がいくはずです。さらに、早起きをして朝日を浴びるという行為も、ストレスやイライラを軽減させる「セロトニン」の分泌には欠かせない習慣です。

 

矢印2 朝の光が体内時計を整える – セロトニン神経の働き

 

それから、食生活もセロトニンを増やすためにはとても重要な意味を持っています。

セロトニンは、必須アミノ酸である「トリプトファン」を材料にして作り出される物質です。トリプトファンは、普段私たちが食べている食品の中にも含まれる物質です。

 

矢印2 セロトニンを増やす食品 – ストレスに負けない

 

最近では、セロトニンを増やす為のサプリメントも販売されています。

食生活や普段の生活に自信のない方は、こうしたサプリメントを使用されてみる事もおすすめです。

 

矢印2 これで安心!セロトニン不足の対策サプリ

 

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら