セロトニンのサプリと増やす方法 » セロトニンとは » 仕事が不安で眠れない時 – 不安を解消させる方法

仕事が不安で眠れない時 – 不安を解消させる方法

読了までの目安時間:約 3分

夜になると、次の日の仕事の事を考えてしまい、中々眠りにつくことができない。
こうした症状に悩む方は、実は意外と多く存在しています。

 

仕事が楽しみで中々寝付けないというのであれば、心配はありません。
しかし、多くの場合はその逆で、仕事の事や先々の事を考えると、憂うつや不安な感情で寝つきが悪くなってしまうのです。

特に、休日の前の日の夜(日曜日の夜)は、不安や憂うつがピークに達し、ほとんど眠れずに、月曜日の仕事にも影響が出るという方も居ます。

 

こうした症状は、過度になると不眠だけではなく、うつ病や不安神経症といった症状を併発している可能性も考えられます。

悩みの内容がデリケートなだけに、仲の良い人にさえ、あまり突っ込んで相談しにくいような内容です。

 

不安で眠れない

仕事が不安で眠れない夜の対処法

 

仕事が不安で眠れない、という症状に悩んでいる方におすすめしたいのが、脳のセロトニン神経を鍛えるという方法です。
セロトニン神経は、神経伝達物質である「セロトニン」の分泌を促す脳内物質です。
なんらかの理由で、脳内のセロトニンが不足する事を「セロトニン欠乏脳」と言います。

 

現代は、特にセロトニンが不足している方が多い傾向にあると言われています。

理由として挙げられるのが、過度のストレスや運動不足、バランスのとれていない食事などです。

特に、睡眠時間が不規則で、朝からしっかりと太陽の光を浴びることが少ないという方は注意が必要です。

 

セロトニン不足は、不眠や不安の症状だけに留まらず、うつ病心の病気を引き起こします。

 

セロトニンを増やして不安を解消する

夜になると、不安で眠れない症状で悩んでいるのなら、まずは不眠の元となる不安の症状を解消することが重要です。

不安が解消され、リラックスした状態を保つ事ができれば、不眠の症状は自然に解消されていきます。

不安は、脳のセロトニン濃度を高めることで、ある程度抑制する事ができるのです。

 

セロトニンを増やすためには、日頃から規則正しい生活を心がけることが重要です。
毎日の運動や、毎朝しっかりと早起きし、太陽の光を浴びるなど、ちょっとした習慣の心がけも大切です。

また、近年ではセロトニンを増やし、不眠やストレスを解消するためのサプリメントも販売されるようになりました。

 

必要な栄養成分を摂取し、不安や不眠の症状を、根本から改善するように心がければ、こうした症状も徐々に改善されていくはずです。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら