セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病対策 » セロトニンが、うつ病に効果があるのは本当?

セロトニンが、うつ病に効果があるのは本当?

読了までの目安時間:約 4分

うつ病と心のバランス、セロトニン

 

 

セロトニン神経が心のバランスを保ち、うつ病の改善にも効果がある、という事は、既に医療の分野でも常識のように考えられています。今では、うつ病の患者さんにSSRIなどの、セロトニン神経に作用する薬が当然のように処方されます。

 

メディアでも、セロトニンの不足が様々な心の問題に繋がるという事が、繰り返し取り上げられています。それでも、、

 

「うつ病や、不安な気持ちに悩んでいる人にとっては、本当にうつ病とセロトニンは関係があるのだろうか。」

「セロトニンを増やす事で、本当に何らかの効果があるのだろうか。」

 

というふうに思うのが、自然な感想ではないでしょうか。
また、うつ病などの心の問題を、全てセロトニン神経に問題があるとして取り上げる事に、違和感を感じる方もいらっしゃると思います。

 

 

心を作り出す、3つの神経

 

セロトニン神経は、神経伝達物質である「セロトニン」を分泌します。セロトニンは、脳の中で様々な神経に軸索を送り、感情の抑制に効果を発揮すると考えられています。

しかし、セロトニンがうつ病の改善に効果があるとして注目される以前には、ドーパミンとノルアドレナリンという、異なる2つの神経が、心の病に関係しているとして、主に研究されていました。

 

ドーパミンとノルアドレナリンの、2つの神経は、快と不快、ネガティブとポジティブなど、相反する感情を作り出す効果があるとされています。
セロトニン神経が、うつ病の原因であると考えられる以前までは、この2つの異なる神経が互いに関係し合って、感情が作り出されている。というふうに考えられていたようです。

 

しかし、セロトニン神経は2つの相対する感情に影響し、感情を抑制する、バランスを保つ為の働きかけを行うというふうに考えられるようになりました。
快か不快か、どちらかの神経に大きく偏った時に、平常心を保つようにブレーキをかけられるのが、このセロトニンという訳です。

 

不安神経症やうつ病など、極端に不快(ネガティブ)な感情が強い方に、セロトニンが効果があると考えられるのは、こうした理由がある為なのです。
セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリン、3つの神経が相互に作用する事によって、心が作られる。現在ではそのように考えられているのです。

 

 

脳の研究はまだまだこれから、、

 

とは言え、目には見えない「心」という物のバランスを、全て神経が作り出していると考え方には、抵抗があると思います。
もちろん、脳の働き全てが解明されるのはまだまだ先の事です。これから先、新しい発見や、うつ病や心の病に対する、もっと効果のある、新しい方法が発見されることも当然ながら考えられます。

 

セロトニン神経がうつ病に効果があるとされ、現時点での治療法として確立されている事は、確かな事に違いはありません。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら