セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病予防 » セロトニンの作用 – 不安、イライラに強くなる

セロトニンの作用 – 不安、イライラに強くなる

読了までの目安時間:約 5分

脳全体に及ぶ、セロトニンの作用

 

セロトニン_脳

 

セロトニンとは、人の体、心にどのような作用をもたらすのでしょうか。

一般的なセロトニンのイメージは以下のようなものだと思います。

  • 幸せを感じるために必要な物。
  • 不安・イライラを抑制する物質。
  • 不眠を改善する物質。
  • 不足すると、うつ病の原因になりうる。
メディアや健康雑誌などでは、このように書かれていると思います。

なんとなく分かっているけれど、実態はよく分からない。という方もいると思うので、セロトニンの作用について、もう少し詳しく書いてみようと思います。

 

セロトニンは心のブレーキ?

セロトニンは、人の脳の中に存在する物質です。もう少し詳しく書くならば、腸の中にも多く存在しています。

 

今回は「心」に作用するセロトニンについて説明するので、脳のセロトニンに注目して書いています。
セロトニンとは、脳の神経同士の「ネットワーク」を行き来する「神経伝達物質」と呼ばれる物質です。

脳の中で感情を作り出す、様々な神経へとアクセスし、電気信号のように伝達する役目を果たしているのです。様々な感情に作用するというのは、こうした理由からです。

 

「心」は科学的には「こうである」とは言い切れませんが、脳の中にある大脳皮質、辺縁系などが、様々な情動を引き起こすとされています。セロトニンは、こうした部位にも情報を伝達し、作用するのです。

ではなぜ、不安やイライラを抑えるのに、セロトニンが必要なのか。

それは、セロトニンが神経に与える刺激によって、感情が適度に抑制されると考えられているからです。

 

突如沸き起こる不安やイライラ、緊張や怒り。こうした感情が吹き出した時に、別の回路から刺激を与え、冷静さを感じる。セロトニンはこのような作用があるとされているのです。

 

 

ネガティブな感情だけではない

セロトニンは様々な感情を、冷静に抑制する作用を備えている、と紹介しました。
これは、何も不安やイライラだけに作用する、という意味ではないのです。

 

セロトニンは、ドーパミンから発せられる、舞い上がるような「快」の感情も抑制する働きがあるとされています。

    • ギャンブルで勝った時の、快感
    • 過食症が引き起こす、食事への快感
    • 闘争心やアルコール依存の快感
ドーパミンによる過剰な快感は、時に危険をはらんでいます

セロトニンは、このような感情にも、冷静さを引き起こす作用があると言われているのです。

 

 

心を穏やかに保つ為の、物質

 

セロトニンは、様々な「度を超した感情」を抑制する為の指揮をとっている物質(神経)とも言えるのではないでしょうか。
現代社会は、ストレスや、手軽に手に入る「快楽」に溢れています。

 

セロトニンが持つ心のブレーキのような作用が必要とされている理由は、こうした理由が大きいのかもしれません。

 

 

その他の効果

 

セロトニンは、朝の目覚めとともに脳のセロトニン神経から作り出されます。

感情を抑制する作用以外にも、朝の目覚めを「すっきり」とさせたり、自律神経を正常に働かせ、夜ぐっすり眠れるようにする為にも、必要な物質と言われています。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら