セロトニンのサプリと増やす方法 » セロトニンとは » セロトニン呼吸法 – 不安やイライラに負けない心を作る

セロトニン呼吸法 – 不安やイライラに負けない心を作る

読了までの目安時間:約 5分

セロトニンを増やす呼吸法

 

 

呼吸法脳の中のセロトニンを増やす方法として、1番効果的と言われているのは、実は薬でもサプリでもなく、呼吸法なのです。

 

正確には、セロトニン神経を鍛え、恒常的にセロトニン濃度の高い脳の状態を維持し続ける為に、呼吸法が効果的と言われているのです。
(参照:セロトニン欠乏脳 - 有田秀穂著)
既に知っている方も多いと思いますが、セロトニン呼吸法について書く前に、セロトニンが人の脳の中で、どのような働きを与えるのかについて、簡単に書いておきたいと思います。

 

 

セロトニンと幸福の関係

 

セロトニンは、最近では「幸せホルモン」というふうに呼ばれる事もあります。

 

脳の中でセロトニンが放出されることで、極度の不安やイライラ、緊張や興奮を適度に抑えてくれる働きがあるとされています。

セロトニン神経が正常に活動していれば、うつ病や不眠になりにくく、穏やかな心を手に入れることができるのです。
呼吸法をしっかりと実践することで、平穏な心でいられるなら、是非実践してみたいと思うはずです。
また、セロトニン神経を鍛えると、痛みや疲労を感じにくくなり、集中力も高まるそうです。

こう聞くと、呼吸法を毎日、修行によって実践しているお寺のお坊さんは、相当にセロトニン神経が鍛えられている事が分かります。

 

実は、仏教などにも取り入れられている呼吸法は、セロトニン神経を鍛えるという意味で、非常に理にかなっていると言われているです。

 

 

薬に頼らない、根本的な方法

 

こうした呼吸法は、薬に頼らずにセロトニンを増やす為の効果的な方法です。

 

うつ病や不眠に悩んでいる方は是非継続して実践してみて欲しいと思います。

もちろん、以前の記事にも書いてあるとおり、呼吸法だけでなく食生活の改善や、リズムを取り入れた運動法もセロトニン神経を鍛える為には重要ですので、その点も忘れないようにしましょう。

 

 

セロトニン呼吸法とは

 

セロトニンを増やす為の呼吸法は、腹式呼吸と呼ばれる呼吸法によく似ています。

 

座禅やヨガ、太極拳などにも、同様の呼吸法が取り入れられています。

腹筋を使って、意識しながら息を吸い込んだり、吐き出したりする呼吸法です。

 

この呼吸法を行う時は、息を吐き出すことに意識を集中させる事が大切です。
呼吸法のやり方などについては、文章ではイメージしづらいかもしれませんので、具体的な方法などは、「腹式呼吸 方法」などで検索するか、おすすめはYoutubeなどの動画共有サイトで、腹式呼吸の方法を実際に見ると分かり易いと思います。

 

短時間でセロトニン神経が活性化される

 

セロトニン呼吸法を始めると、5分程度でセロトニン神経が活性化されることが、実験によって分かっています。

 

また、1回に行う呼吸法の目安は5〜30分ほどが良いとされています。

息を吐くことに意識を集中させて呼吸を行うと、徐々に一回の呼吸のサイクル(吸ってから吐ききるまで)が長くなってきます。

 

この呼吸法を行う上では、息を吐く事に意識を集中させる事が非常に重要です。

 

 

習慣になるまで続ける事

 

最も大切な事は、呼吸法を長く、継続して実践することにあります。

 

セロトニン神経を鍛える為には、運動法やバランスの良い食生活など、他にも様々な方法が挙げられますが、どれも継続して実践しなければほとんど意味がないとも言えます
セロトニン神経を鍛えるという事は、薬などで一時しのぎをする事とは大きく異なります。

最低でも3ヶ月は続けなければ、大きな効果は得られないでしょう。体質を変え、セロトニンが恒常的に増えやすい体質を作るには、さらに長い時間をかけて取り組む姿勢が大切です。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら