セロトニンのサプリと増やす方法 » セロトニン不足 » セロトニン欠乏脳とは

セロトニン欠乏脳とは

読了までの目安時間:約 6分

セロトニン欠乏脳とは - うつや不眠の原因

 

 

セロトニン欠乏脳うつ病や不眠などで悩んでいる方なら、一度は「セロトニン欠乏脳」という言葉を耳にした事があると思います。

 

端的に言うならば、脳のセロトニンが不足した状態を、セロトニン欠乏脳と呼ぶことになります。

 

この言葉が知られるようになったのは、セロトニン研究の第一人者と呼ばれる、有田秀穂博士の書いた著書「セロトニン欠乏脳:生活人新書」が大きな要因です。

 

10年以上も前の本ですが、この著書をきっかけに、セロトニンという物質が注目を集め、広く認知されるようになったのではないかと思います。

 

 

心の病を引き起こす、現代病

 

セロトニン欠乏脳が、脳のセロトニンの不足と同じような意味。だとすると、セロトニンの不足は私達の生活にどのような影響を与えるのでしょうか。

有田博士の著書によれば、いわゆる「キレやすい」「イライラする」子供達の背景には、セロトニンの欠乏が原因として考えられると指摘されています。

 

セロトニン欠乏脳となる要因は、脳の中のセロトニン神経が弱ることが主な原因と考えられています。

 

一般に、セロトニン神経が弱ると、様々な症状が現れてきます。とくに、うつ病、パニック障害、摂食障害(拒食症や過食症)などの諸症状が現れてきます。うつ病で自殺した人の脳を調べてみますと、脳の中で作られる神経伝達物質、セロトニンの濃度が一般の人よりも低いことが明らかにされています。

『セロトニン欠乏脳:有田秀穂 著』より引用

 

また、セロトニン欠乏脳は自律神経の不調を誘発し、不眠、睡眠障害の要因にもなり得ると考えられています。
うつ病の治療として、脳内のセロトニン濃度を高く保つ為の薬(SSRI)も、精神科や心療内科では頻繁に使われています。
ただし、上記で紹介した有田博士の著書でも述べられている通り、こうした薬に頼ることは根本的なセロトニン神経の強化に繋がるわけではありません。

 

 

近年、セロトニン欠乏脳が増えている

 

セロトニン欠乏脳の原因として考えられているのが、現代特有の生活環境の変化が挙げられます。

朝の太陽の光を浴びることや、継続的に身体を動かすこと、人との触れ合いなど、基本的な習慣によってセロトニン神経は活性化されると考えられています。

 

また、数々のベストセラーを出版されている事で有名な、感染免疫学の博士、藤田耕一郎博士によると、普段の食生活もセロトニンの合成には欠かせない要素の一つと指摘しています。
食生活の乱れや、コンピューターを中心とした現代の生活環境、成果主義や核家族による孤立。こうした環境の変化は、セロトニン欠乏脳を引き起こしやすい、大変危険な状況とも言えるのです。

 

 

セロトニン欠乏脳の兆候

 

セロトニン欠乏脳の兆候として考えられるのが、以下のような症状です。

 

  • 朝起きても身体がだるく、何もやる気が起きない。
  • 常に身体の何処かに痛みや重さを感じる。
  • 偏頭痛持ちである。
  • 人と会ったり話すことが億劫である。
  • 怒りっぽい、すぐにイライラする。

 

この他にも、不安感や焦燥感、寝つきが悪くなるなど、様々な兆候が見られるようです。では、セロトニン欠乏脳と疑われる場合は、どのような対処法を行うべきなのでしょうか。

 

 

病院や薬に頼るべきか

 

最近では、心の風邪、とも呼ばれ、政府や製薬会社の広報的な努力により、気軽に精神科や心療内科を受診しやすい環境に変わりつつあります。

 

セロトニン欠乏脳は、悪化すると うつ病になると考えられます。

心療内科や精神科を受診されると、セロトニン症候群の対処として、カウンセリングや抗うつ剤などの服用を行うことが考えられます。

 

治療方針は、症状の度合いや担当する医師よって差があるでしょう。
SSRIと呼ばれる、セロトニンを一時的に増やす目的の物を処方されるケースもあります。

 

こうした薬は、良い面ばかりが強調されがちです。

しかし、薬が原因の副作用や、一度服用を始めるとやめづらい、というリスクがあるのも事実です。

 

 

生活習慣から変えていく

 

セロトニン欠乏脳は、前述した書籍などでも紹介されているように、普段の生活習慣を変えることが根本的な解決へと繋がります。

具体的には、バランスの良い食事、リズム運動や呼吸法、朝日を浴びること、人と触れ合う時間、などが挙げられます。
こうした、一見地道で基本的と思われる習慣が、セロトニン神経を鍛える上では大変効果的であるとされています。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら