セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病対策 » セロトニン欠乏脳がうつ病を引き起こす

セロトニン欠乏脳がうつ病を引き起こす

読了までの目安時間:約 3分

セロトニン欠乏脳がうつ病の原因に

 

脳の中の幸福物質として注目されているセロトニン。
セロトニンが不足すると、不安感や憂うつなどの感情を抑制できず、うつ症状を引き起こす事も知られています。

 

セロトニン欠乏脳_うつ病

 

脳のセロトニンが不足した状態のことを『セロトニン欠乏脳』と呼ばれています。
ところで、なぜセロトニンは不足してしまうのでしょうか。セロトニンを脳に蓄える事はできないでしょうか。

 

セロトニンが不足する理由

セロトニンが不足し、セロトニン欠乏脳が引き起こされる理由のひとつが、セロトニン神経には、分泌され過ぎたセロトニンを自ら調整する役割があるためです。

 

セロトニンが増えると、自らチェック機能を働かせ、出し過ぎたセロトニンを改修し、一定の量に保とうとします。このチェック機能を行っている箇所の事を、セロトニン自己受容体と言います。
この働きがあるため、私たちの脳は、セロトニンを必要以上に溜めておくことはできないのです。

 

ストレスと、セロトニン

もうひとつ、セロトニン欠乏脳が起きる理由と考えられるのが、ストレスです。
セロトニンはストレスによっても減ってしまうということが分かっています。肉体的、精神的なストレスは、共にセロトニン神経を弱らせ、セロトニンの分泌を減らします。

 

職場のストレスや、人間関係の悩みなど、社会で生活する上では逃れる事のできないストレスは多く存在します。しかし、こうしたストレスはセロトニン神経を弱らせてしまうのです。

 

症状を改善する為に

セロトニンが不足することで引き起こされる、セロトニン欠乏脳。うつ病を患う方の多くが、このセロトニン欠乏脳に陥っていると考えられています。セロトニン欠乏脳は、何もしなければ改善されるというわけではありません。

むしろその逆で、1度セロトニン欠乏脳に陥ると、外に出たり、運動をしたり、セロトニンを増やすための行動をとる事自体を面倒に感じるようになります。

 

こうなると、どんどん「うつ症状」がひどくなり、状況は悪くなる一方です。

そのためにも、症状が酷くないうちから、セロトニン神経を鍛え、セロトニンを増やす為の努力を心掛ける必要があります。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら