セロトニンのサプリと増やす方法 » セロトニンとは » セロトニン受容体の役割

セロトニン受容体の役割

読了までの目安時間:約 6分

セロトニン受容体とは

 

 

セロトニンと、うつ病や不眠についてを調べていると「セロトニン受容体」という言葉が頻繁に出てきます。
「受容体」と聞くと、とても難しそうに感じてしまいますが、セロトニンとその働きを知る上ではとても重要な意味を持ちます。

受容体とは、体の中に存在するある器官の事を差しています。

 

受容体とは - Wikipediaより引用

生化学では受容体とは、細胞膜、細胞質または核内にあるタンパク質で、それに特異的な物質(リガンド)、すなわち神経伝達物質、ホルモン、細胞増殖因子その他の物質を結合し、細胞の反応を開始させるものを呼ぶ。つまり細胞外のシグナルを細胞内シグナルに変換する装置である。また様々な薬物や毒物を結合してそのターゲットとなるものも多い。

 

つまり、受容体とは、何らかの刺激や成分を受取る器官です。

 

刺激を受け取った受容体は、細胞や身体に何らかの反応を起こします
それでは、セロトニン受容体は、どのような刺激を受取り、体内でどのような反応を起こすのでしょうか。

 

下の方に、IBS(過敏性腸症候群)についての説明動画を掲載しています。

以前の記事にも書きましたが、脳のセロトニン神経と腸は密接に関係していると考えられています。

セロトニン受容体も、もちろんこの事に関係しています。

 

ストレスや不安からくる下痢や腹痛などの腸の不調は、セロトニンの過剰放出が原因ではないかと考えられています。
過敏性腸炎の場合は、脳がストレスを感じることで、腸の中でセロトニンが過剰に放出されます
セロトニン受容体はこの時、セロトニンと結合する事で、腸内で神経伝達物質を過剰に作り出します。
これが、下痢や腹痛などの原因になるとされています。

 

この動画の中では、腸の中のセロトニン受容体がどのようにセロトニと結合し、どのような反応をするかについて簡単に説明されています。

 

 

 

セロトニン受容体の役割

 

セロトニン受容体と一言に言っても、11の種類が存在しています。

 

主に脳の神経や、その周辺に存在しています。

ただし、先ほどの動画で説明されていた受容体のように、消化管の中に存在する物もあるのです(セロトニン 5-HT3,5-HT4)。

これらは、腸の働きに影響を与える反応を起こします。

 

 

それぞれの受容体毎に役割や反応も分かれていますが、これまでの記事にも書いてきた通り、不安やパニック、頭痛などの痛みなどと関係する神経にも影響を与えます。

 

 

受容体の種類

 

セロトニン受容体によって、以下のように関係する症状も分けられます。ここに書いてあるのはごく一部ですので、参考としてご覧ください。

 

5-HT1A 気分、不安、うつ症状
5-HT1B頭痛発作時の血管収縮
5-HT1D三叉神経の活性化を抑制
5-HT2A,C不安、パニック
5-HT2C不眠、食欲減退
5-HT3下痢、吐き気

 

このように、セロトニン受容体は心の病だけでなく、その他にも様々な症状に関わっている事が分かると思います。

 

 

神経伝達物質の影響

 

うつ病などの不安症状を抱える患者さんの場合、神経伝達物質である「セロトニン」が不足していると考えられています。

セロトニンが不足しているということは、受け皿であるセロトニン受容体が空いたままの状態になっているという事です。

セロトニン受容体に「セロトニン」が結合することによって、初めて、新たな神経伝達物質が発生します。
うつ病の患者さんは、脳内の神経伝達の量が少なく、情報伝達がスムーズに行われない為、脳が活性化されないと考えられているのです。

 

過敏性腸炎の場合は、これとは逆に、消化器に存在しているセロトニン受容体に、過剰にセロトニンが結合している事が不調の原因と言われています。

 

 

抗うつ剤はどのように働く?

 

SSRIと呼ばれる抗うつ剤の役割は、神経伝達物質「セロトニン」の伝達経路を一時的に遮断してしまうのです。遮断することで、一時的に脳内のセロトニンの濃度を高く保つ事ができます。

 

こうする事で、セロトニン受容体とセロトニンの結合度も高まり、神経伝達が加速される事になります。

これが、SSRIの役割です。

 

一見すると良い事のように見えますが、この場合、抗うつ剤を止めると、脳のセロトニン濃度も下がるという危険性があります。

また、こうした薬は依存症やセロトニン症候群などの副作用が考えられるので、注意が必要です。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら