セロトニンのサプリと増やす方法 » セロトニンとは » セロトニンが多い、少ないは遺伝で決まる?

セロトニンが多い、少ないは遺伝で決まる?

読了までの目安時間:約 4分

「幸せホルモン」と、遺伝が幸福度に与える影響

 

 

セロトニン_遺伝

 

 

最近よく耳にする、幸せホルモンという言葉。
脳の中に存在する、セロトニンという神経伝達物質の事を指しています。

 

脳の中のセロトニンが多ければ、不安な気持ちやイライラなどの衝動を抑えられ、穏やかで平穏な心を保つことができると言われています。
逆に、セロトニンが少ないことを、セロトニン欠乏脳と言い、うつ病やパニック障害など、心の病を引き起こす原因として考えられています。

 

この、セロトニンが多い、少ない。
実は生まれつきの遺伝である程度決定しているのではないか、という研究も進んでいます。

 

セロトニンについては、未だに全てが解明された訳ではなく、不明な事も多いとされています。

全てが遺伝で決まるわけではなく、有る程度は自身の努力により変えられる可能性が高いという事も、始めに断っておきます。

 

 

セロトニンが多い人、少ない人

 

単純にセロトニンの多い、少ないが、心の幸福度を下げている訳ではありません。

セロトニンは脳の中で作り出されると、セロトニントランスポーターという、セロトニンを運ぶ遺伝子によって運搬されます。

 

少し極端な書き方となりますが、イメージとしては、セロトニントランスポーターの働きによって、セロトニンを運ぶ量の、多い、少ないが決定してしまうのです。

 

脳の中のセロトニンの量だけでなく、セロトニントランスポーターが幸福度を左右するという事は、想像に容易いと思います。

 

 

セロトニントランスポーターは、遺伝子で決まる?

 

研究者によっては、このセロトニントランスポーターの形状は、遺伝子によって形成がある程度決まってしまっていると主張をされています。

 

また、日本人はほとんどがセロトニントランスポーターの形状が短く、不安やうつ病の傾向が強いという研究を行った例もあるようです。

 

こうした研究の信憑性はさておき、人の性格特質は、単純に一つの遺伝子で決まるとは言い難いものです。

また、人格を構成する要素の全てが、たった一つの遺伝子によって決定してしまうと考えるのは少々無理があるように思います。

 

 

幸福度は、努力で変えられる

 

遺伝子による性格特質をどう捉えるかは、全てが解明されたわけではなく、人によって捉え方は様々でしょう。

 

しかし、セロトニンを作り出す、セロトニン神経は努力によって変えられることが分かっているのです。

日頃からの継続的な運動人と触れ合うことや、朝日を浴びること食生活の改善などで、セロトニンの多い、少ないを、自分で決めることができるようになるのです。

 

実際に、うつ病や、気分障害で悩んでいる方の中には、こうした取り組みで症状を改善された方が沢山います。

 

毎日の習慣を変えることは努力の必要な事ですが、普段から憂うつな気分で悩んでいる方には、是非試して頂きたいです。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら