セロトニンのサプリと増やす方法 » セロトニンとは » セロトニンを増やす薬は買ってはいけない?

セロトニンを増やす薬は買ってはいけない?

読了までの目安時間:約 4分

自己判断で買ってはいけない、セロトニンの薬

 

 

セロトニンを増やす薬、と聞くと、どのような薬を想像するでしょうか。

うつ病パニック障害を患っている方は、心療内科や精神科で、こうしたお薬を処方されたことがある方もいるかもしれません。

人によっては、極度の不安な症状やイライラ、不眠の症状などを改善する為に、インターネットでセロトニンを増やす為のお薬について調べたことがあるという方もいる事でしょう。

 

近年、こうした抗うつ剤の一部が、インターネットを通じて海外から手に入る事が、問題とされています。

 

セロトニン_薬

 

 

 

心の病は、薬での根本治療が難しい

セロトニンを増やす薬は、SSRIと呼ばれています。脳の中でセロトニン神経に作用し、一時的にセロトニン濃度を増やす薬です。

 

SSRIの作用は、根本的にセロトニン神経を鍛え、セロトニンを増やす為の物ではありません。基本的には、あくまで一時的にセロトニン神経に作用するものです。薬の服用を止めると、セロトニン濃度は元に戻ってしまうのです。

 

 

一歩間違えれば麻薬?依存症の危険

LSDという麻薬の名前を聞いたことがあるでしょうか。

このLSDは、セロトニン神経に作用すると言われています。LSDを使用すると、錯乱状態に陥り、幻覚などが見えるそうです。セロトニンは、脳のほとんどの神経に作用します。

 

医師の指示を受けず、セロトニンを増やす薬を誤って使用すると、セロトニン神経が暴走をしてしまう可能性が充分に考えられます。

 

セロトニン神経の暴走によるひとつの例が、セロトニン症候群という症状です。

ひどい不安や焦燥感を引き起こし、吐き気や痙攣などを起こすこともあるそうです。

また、麻薬と同様に、不安やうつ状態から抜け出す為に薬に頼っていると、薬無しでは通常の生活が難しいまでに依存が進むことがあります。

 

セロトニンを増やすための薬が、もっとひどい状況を作り出す事に繋がってしまうのです。

 

 

誘惑の多い、セロトニンの薬

始めにも書いたように、最近ではセロトニンを増やすための薬がインターネットを通じて手に入る環境があります。しかし、こうした薬は非常にリスクが高いという事もお分かり頂けたのではないでしょうか。

 

うつ症状や、パニック障害など、心の病に苦しむ方にとって、症状が改善できるのならすぐにでも薬を手に入れたい、という気持ちに駆られるのは当然の事です。

 

しかし、手軽に手に入る、セロトニンを増やす薬ほど、リスクが高い、ということも知っておく必要があるのではないでしょうか。

 

セロトニンの薬は、簡単に買ってはいけない

改めて、セロトニンを増やす薬は、医師の適切な処方無しに、個人輸入代行などで購入すると、健康被害のリスクが高いと言うことをお伝えしておきます。

SSRIなどのお薬は、必ず精神科や心療内科で、医師の指示を受けて使用するようにしましょう。

 

また、セロトニン症候群を引き起こす原因として、定められた薬の容量を守らずに服用することが原因となるケースが多いようです。
こうした薬が処方された場合は、薬の容量を必ず守るようにしましょう。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら