セロトニンのサプリと増やす方法 » セロトニン不足 » セロトニン不足を解消する、5つの習慣

セロトニン不足を解消する、5つの習慣

読了までの目安時間:約 7分

セロトニン神経は、生活習慣で変えられる

 

家に引きこもりがちな生活は、セロトニンを不足させる原因となります。

人は、歩くことや呼吸、咀嚼を行うことでセロトニン神経を鍛える事ができます。

 

こうした日常の習慣を怠ってしまうと、セロトニン神経が弱り、セロトニン不足に繋がってしまいます
一度セロトニンが不足し始めると、悪いサイクルを加速させる原因となります。

体が怠くなったり、朝起きれない、何もする気が起きなくなることで、悪い生活習慣から余計に抜けられず、セロトニンを不足を加速させる習慣が身についてしまうのです。

 

 

セロトニン神経を根本的に鍛えるには

 

こうした極度のセロトニン不足は、もちろん不眠やうつ病の原因となることが分かっています。

 

実際にうつ病患者さんを死後解剖して脳のセロトニン濃度を計測してみると、セロトニンが著しく不足していた、という事が分かっています。

最近では心療内科や精神科で、こうしたうつ症状を解消する為に、一時的に脳のセロトニン濃度を上げる為の薬も処方される事もあります。

 

ですが、これは根本的なセロトニン不足を解消する為の方法とは言えません。

 

セロトニンの増やして根本的に不足を補う為には、結局のところ普段の生活習慣を改善していくのが1番良い方法と言えるでしょう。
例として、以下のような生活習慣を見直す事で、セロトニン不足を改善することができると言われています。

 

 

①ひきこもりは決定的な原因

 

現代の心の病としても、度々取り上げられるセロトニン不足。中でも特に分かりやすいのが、いわゆる「引きこもり」と呼ばれる症状です。

 

引きこもり

 

家の中からほとんど出ずに、パソコンやゲームにばかり熱中する事は、大変危険です。

 

セロトニンを不足させない為には、朝の光を浴びること。

また、意外に思われるかもしれませんが、人と会話したりする事で得られるリラックスした時間は、「グルーミング」と呼ばれ、セロトニンを増やす効果があります。

 

なるべく外に出て活動する事が大切だということも、納得できると思います。

 

 

②毎日の運動は短期間で効果

 

不眠や不安、イライラなどは、セロトニン不足が主な原因と考えられます。

 

セロトニンの不足を短期間で解消したいのなら、おすすめは毎日の運動です。

単純な事と思われるかもしれませんが、実験でもリズム感のある運動は、短時間で脳のセロトニン濃度を上昇させています

 

リズム感のある運動と言っても、一定の感覚を意識したランニングなどでも充分に効果が期待できます。

先ほどの「引きこもり」とも繋がりますが、家から出ずに体を動かさない限り、セロトニンは不足するしかないのです。

 

 

③食生活はバランスを意識する事

 

当然の事のように聞こえるかもしれませんが、普段の食事に気を付けなければ、セロトニンが不足する原因となります。

 

セロトニンは材料となる物質(トリプトファン)から、体内でセロトニンへと合成されます。

大豆製品や、チーズなどの乳製品にトリプトファンが多く含まれています。

 

ですが、単純にセロトニンの材料となる物だけを食べれば良いわけでは無いのです。

ビタミンや炭水化物などが不足すると、せっかくセロトニンの材料があっても、うまく合成できなかったり、脳まで届かないという事が起こり得るのです。
ですので、セロトニン不足を意識するあまり、どの成分をどれくらい食べたか、などと考えすぎることは逆効果になるとも言えます。
普段から1日3食、バランスの良い食事を心掛けるようにしましょう。

 

食生活_バランス

 

 

④早寝早起きで、朝から活動的に

 

セロトニンが不足する事で起こる、大きな症状の一つが、朝から怠くて何もする気が起きないという症状です。

 

だからと言って、午後まで布団から出ずに、昼夜逆転の生活を続けてしまうと、セロトニン不足が余計に深刻になるという事は、想像に容易いと思います。

 

①でも書いたとおり、セロトニンは朝の光を浴びることで増やすことができるのです。

前述した規則的な運動と合わせると、さらにセロトニン不足の解消に繋がります。

 

朝からウォーキングなどの軽い運動を実践すると、非常に効果が高いのです。

 

 

⑤3ヶ月は、継続すること

 

ここまで、いくつかの「方法」を書いてきました。

 

しかし、セロトニン不足を解消するために1番大切な事は、これらの方法を、長く続ける事です。

 

セロトニンの不足は、一朝一夕で解決できる問題ではないからです。

最低でも3ヶ月は継続することを一つの目安とする事をお勧めします。

そうすることで、脳の中にあるセロトニン神経が鍛えられ、セロトニンを作り出しやすい神経を形成する事ができます。

 

目指すべきは、恒常的にセロトニンの濃度を高い状態を保てるようになる事です。

うつ病の患者さんは、セロトニンが不足している状態が慢性化しているそうです。

 

中でも、毎日の早起きと運動は、慣れていない方にとっては1番苦痛を伴う事だと思います。

しかし、セロトニン不足を解消させる為には、とても効果的な方法です。

 

最初は慣れないだけに、出来るようになった時に感じる効果は大きく実感することができると思います。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら