セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病対策 » セロトニン不足の兆候 – うつ病対策

セロトニン不足の兆候 – うつ病対策

読了までの目安時間:約 5分

もしかしてセロトニン不足?増加するうつ病や不眠

 

 

セロトニン不足はこれまでも、うつ症状や不眠などを含む、様々な心の病の原因になりうることをこのブログで書いてきました。

 

だからと言って、不安や、イライラ、不眠などの症状、全てをセロトニン不足が原因と考えてしまう必要はありません。

特に女性の場合は、更年期障害などを代表とする、ホルモンバランスの崩れが心の不調の原因になる事も少なくありません

 

とは言う物の、現代特有のパソコン、スマートフォンを多用した生活、 サービス残業やストレスの多い社会においては、セロトニン不足が必然的に起こりやすくなるのも事実です。
また、セロトニン不足を解消し、脳のセロトニン濃度を高く保つ為の様々な努力は、健康的な生活習慣を維持する上でどれも良い事ばかりです。

セロトニン不足を解消する為の様々な具体的方法は、過去の記事に詳しく掲載しているので、参考にされてください。

 

 

きっかけは様々

 

うつ病や極度の不安、不眠など、心の病は様々な原因がきっかけで起こります

 

親しい人との別れ、人間関係や仕事のストレスなど、何らかの心労が起こると、脳は悲しみや不安などの感情に支配されてしまいます。

こうした、感情の極端な振れ幅を修正し、バランスを保ってくれるのが、セロトニンと言われています。
通常人間は、悲しみやショックな出来事、不安を乗り越える為に、こうした機能が脳に備わっています。

 

セロトニン神経から作られる神経伝達物質、セロトニンは、脳の様々な神経に働きかけ、極端な感情の振れ幅を修正してくれる役割があります。
しかし、セロトニン神経が弱っていると、脳のセロトニンが不足してしまい、こうした感情のバランスを制御できなくなると考えられています。
ではなぜ、セロトニン不足の原因となる、セロトニン神経の弱体化が起こるのか。

その原因は普段の生活習慣にも大きく関係しています。

 

まずはセロトニンが不足していると思われる方の、具体的な兆候を書いてみました。

 

 

セロトニン不足の兆候

 

もしかして自分はセロトニン不足?と心配されている方の為に、チェックシートを作成してみました。

 

当てはまる項目が多ければ多い程、注意が必要と考えられます。

30の項目にまとめてみたので、気になる方はどれくらい当てはまるかをチェックしてみてください。

 

朝なかなか起きられない。
朝起きても疲れていて何もする気がしない。
すぐに座り込んだり、横になりたいと思う。
疲労感がなかなか抜けない。
朝起きると胸や胃、その他どこかに痛みや違和感を感じる。
体温が上がりにくい、どちらかと言うと低体温である。
お腹の調子が悪い、便通が悪い。
顔に締まりがなく、どちらかと言うと表情も暗い。
姿勢が悪く、背筋が伸びていない。
10硬い物は普段から食べない。噛む力も弱い。
11常にどこかに痛みがある気がする。関節や筋肉など。
12痛みに敏感な方である。
13偏頭痛持ちである。
14原因の分からない、何かしらの痛みや重みを感じる。
15怒りっぽい、すぐにイライラする。
16不安を感じたり落ち込んだりすると、すぐに気持ちが切り替わらない。
17何をしても集中力が続かない。
18自分は孤独だと感じる。
19なるべく人と会いたくない。会話を楽しめない。
20すぐに緊張してしまう。
21嫌なことが頭から離れない。
22嫌なことをすぐに思い出してしまう。
23食べ始めると止まらない事がある。
24パソコンやスマートフォンなどを長時間使う。
25テレビゲームやオンラインゲームをよくする。
26引きこもりがちな傾向がある。休みの日も家からあまり出ない。
27運動をする機会がなく、ほとんど身体を動かさない。
28寝つきが悪く、夜型の生活。またはその傾向がある。
29常に何かしらの問題を抱えている。またはそのように感じる。
30アルコールまたは、タバコがに依存してしまう。

 

上記のチェックシートに当てはまる数が多ければ多い程、セロトニン不足の傾向が強いと思われます。

 

これらの兆候が多く思い当たるという方は、セロトニン不足が原因のうつ症状を発症しやすいと考えられます。
早急に今の生活習慣を見直す為の心掛けが必要であると言えるでしょう。
この記事の中ではセロトニン不足を解消する具体的な方法は触れませんが、大きく以下の3つの習慣を継続する事で、セロトニン不足を解消することができます。

 

  • 毎日、30分程度の運動を心掛ける。
  • 朝は毎日早く起きることを心掛け、太陽の光を浴びるようにする。
  • 人と触れ合う時間、リラックスできる時間を確保する。
 

また、ヨガなどの呼吸法は、セロトニンを恒常的に増やす為には、非常に効果があるとされています。可能な限り実践してみることをおすすめします。

 

 

セロトニン不足は病のひとつ?

 

ここまで、セロトニンが不足した際の兆候や対処法などを書いてみました。

 

脳のセロトニン濃度を高く保つためには、短期間で解決できるような方法は、残念ながら存在しないと言えます。

少しづつ、体質を変えるようにセロトニン神経を強くして、セロトニン不足を解消していく心掛けが大切です。

 

また、セロトニン不足によるうつ症状は、精神疾患のひとつです。

 

先程のチェックシートの項目、ほぼ全てに当てはまるという方や、症状が深刻で社会生活に支障をきたしてしまうという方は、心療内科・精神科を受診する事をおすすめします。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら