セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » 精神安定剤の市販薬 – 買ってはいけないサプリ

精神安定剤の市販薬 – 買ってはいけないサプリ

読了までの目安時間:約 3分

以前、市販の精神安定剤は購入しない方が良い、という事を書きました。

この考えは、今でも変わることはありません。

 

精神安定剤_市販

 

副作用のリスクが高い、個人輸入製品

 

最近では、驚くほど多くの医薬品がインターネットで販売されています。

ほとんどの物が、日本国内では販売が禁止されている成分が含まれています。

 

なぜ日本で販売が禁止されているのかと言うと、当然、副作用のリスクが高すぎるからです。
しかし、個人の使用に限っては、海外からこうした医薬品を購入する事が許されているのです。

当然、転売や譲渡は禁止されています。
私自身は、個人輸入で精神安定剤を購入することについては、大反対です。

 

精神安定剤は、特に買ってはいけない

精神安定剤や、抗うつ剤は、特に買ってはいけません。
これらは、脳の神経系に作用する薬です。神経系統が暴走すると、思ってもみなかったような副作用が、突然引き起こされます。

 

神経は、心を制御しているだけのものではありません。

心拍や呼吸、体温や汗など、ほとんどの体の気管をもコントロールしているのが神経です。

 

精神安定剤や抗うつ剤は、主にセロトニン神経という神経系に作用するものです。

セロトニン神経が副作用により暴走すると、発作や心拍の上昇、めまいや痙攣。酷い場合には、強い焦燥感で発作的に自殺を引き起こす例も確認されています。

 

 

参考:セロトニン症候群の兆候と対処法のまとめ

 

 

「サプリメントは安全」ではない

一般的には、サプリメントは危険性が無く、安全な物だと思われています。

しかし、あなたが購入しようとした製品は、日本では販売が禁止されているような成分は入っていませんか?

 

サプリメント

 

最近では、インターネットで個人輸入代行の商品が横行しています
厚生労働省でも注意を促しているように、これら「海外製」のサプリメントは、安全性が確認されていないだけでなく、不良品や偽造品までもが、平然と販売されています。

 

何度も書きますが、特に神経系に作用するような薬は、市販で購入するべきではありません。

精神安定剤や抗うつ剤が必要かどうかの判断は、しっかりと医師の判断を仰ぐ必要があります。

当然ながら、日本国内では、こうした薬を購入するためには、医師の処方箋が必要です。

 

サプリメントは、日本製の安全な物を購入するべきです。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら