セロトニンのサプリと増やす方法 » セロトニンとは » 生活習慣の改善で「セロトニン」を増やす

生活習慣の改善で「セロトニン」を増やす

読了までの目安時間:約 4分

セロトニン神経は、生活習慣で変えれる

 

 

うつ病、パニック障害、摂食障害、、

セロトニン神経が何らかの原因で弱ると、精神的な病を引き起こすという事が、徐々に明らかにされています。セロトニン神経は「幸せホルモン」とも呼ばれる、脳内物質のセロトニンを分泌します。

 

セロトニンが分泌される事で、不安や緊張などの感情が抑制されるということは、メディアでも度々紹介されているので、既に知られている方も多いのではないでしょうか。

しかし、薬を使わずに、生活習慣を改善することで、セロトニン神経が鍛えることができるという事は、案外知らない方も多いようです。

 

生活習慣や、日々のちょっとした工夫でセロトニン神経を鍛えられるという事を、ご紹介したいと思います。

 

 

目には見えない、セロトニン神経の異変

 

普通に生活をしていても、セロトニン神経が弱っているのかどうかなど、気にも留めた事はないと思います。

 

神経と言っても、実際には脳の中にある、目には見えない器官です。しかし、神経は「弱る」という言葉でも分かるように、適切な生活習慣を維持する事を心掛けなければ、徐々に弱体化したり、あらぬ暴走を引き起こす原因にもなってしまいます。

 

特に、セロトニン神経は、脳の様々な神経に軸索を送る、非常に重要な神経ですので、普段から生活習慣の改善を意識して、良い状態を保っておく事は、大切な事なのです。

 

 

セロトニン不足の兆候を見極める

 

意外にも、セロトニン神経が弱ると、普段の生活の中でも異変を感じ取る事ができます。

例えば、通常ならあまり気には留めない、以下のような事です。

 

  • 朝の寝起きが辛い、朝からやる気が出ない。
  • ちょっとした痛みに敏感になる。
  • 頭痛や胸の不快感など、理由の分からない身体の不具合を感じる。
  • すぐにしゃがみこんだり、疲れたりする。

 

あくまで一例ですが、セロトニン神経が弱ると、内科などの病院を受診しても、原因がはっきりと分からないような症状に悩む事があります。「隠れうつ」なども、一部こうした症状が該当します。

セロトニン神経が弱る事は、うつ病を引き起こす原因にもなるので、納得できるかと思います。

 

こうした兆候を感じ取ったら、セロトニンを鍛える為の生活習慣を継続して心掛けてみましょう。

 

 

セロトニン神経を鍛える、生活習慣とは

 

セロトニン神経を鍛える方法は、実はそんなに難しい事ではありません。毎日継続して、リズムを意識した運動を実践する事で、セロトニン神経は確実に鍛えられるそうです。

これに加えて、規則正しい生活習慣(早起きやバランスの良い食事など)を実践すれば、さらに効果的です。また、朝日を浴びる事も、セロトニン神経を鍛える意味においては、特に重要です。

 

朝日を浴びながらのウォーキング、ジョギングなどは、セロトン神経を鍛える為には、非常に効果的です。
毎日の生活の中に、リズム運動を意識的に取り入れ、毎日繰り返す事で、セロトニン神経は確実に鍛えられるのです。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら