セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » 怒りっぽい性格を治したいなら、今日からできること

怒りっぽい性格を治したいなら、今日からできること

読了までの目安時間:約 7分

家族や同僚のちょっとした言動にイライラして、ついつい大きな声で怒鳴ったり、カッとなってしまったり、、

そんな態度をとってしまった自分に嫌気が差し、自己嫌悪に陥ってしまう事もあります。

 

イライラを抑える

 

誰だって、毎日を穏やかな心情で過ごしたいと望んでいるはずです。

他人に怒りの感情をぶつけたり、イライラしたりする行為には、多大な心のエネルギーを消費します。

 

それに、本音では人と調和しない人生を望んでいる人なんて、まずあり得ないはずです。誰だって、多くの人と良好な関係を築き、楽しい時間を過ごしたいと考えているはずです。

 

怒りっぽい性格を治すために、今日からできること

 

家族や恋人など、近しい間柄の人となら、なおさらそう感じるはずです。

もしあなたが、そんな風に「今の自分を変えたい」と本気で考えているのなら、改善のための行動は早いに越したことはありません。早速、その為の方法を考えてみましょう。

 

家族や近しい友人にイライラする

身近な人にイライラを感じてしまう原因としてありがちなのが、身近にいる人への「甘え」です。心の距離が近い身近な人にこそ、無理な融通も平気で通そう、自分の価値観を押し付けようと、ワガママで甘えがちになってしまうものです。

相手が自分に甘えてくる、または自分が相手に甘えてしまう、、どちらのケースも受け入れられなければ怒りを感じてしまいます。

 

つまりは、「自分の思い通りにならない」事が怒りの感情へと変化するのです。

  • 私がこんなに頑張っているのに、なぜこの人は何も手伝ってくれないのだろうか?
  • 休みの日は一緒に食事をすると、あれほど言っておいたのに、、
  • 私は仕事でこんなに疲れているのに、愚痴さえもまともに聞いてくれない。
  • 待ち合わせの時間を10分も遅れて来た。絶対に許せない!
こんな風に具体例を挙げ始めるとキリがありません。

中には、明らかに相手に非があると考えられるような状況もあります。逆に、客観的に見れば自分に非がありそうだな、と思われるケースもありますね。

 

こんな風に強いイライラが襲ってきた時、あなたはどう対処するでしょうか。

 

少し極端な話に聞こえるかもしれませんが、相手に期待をすればするほど、予想した反応と違う結果に多くの人は強い怒りを感じるものです。

 

自分以外の人に期待してはいけない

 

これに対処する為には、相手に過剰な期待をする事をやめれば、驚くほど気分が楽になります

 

勘違いして欲しくないのは、放任したり、全てにおいて諦めれば良いと言っている訳ではありません。あなたはあなたのペースで毎日を生きれば良いという事です。あなたが好んで選んだ友人や、一緒に居たいと思い、同じ場所に居る恋人や家族は、異なる価値観や人生の中で生きています。

 

「たとえ家族や恋人でも、価値観は全く違う」と考え、受け入れることで、怒りやイライラを感じる事も少なくなるなるはずです。また、あなたはあなたが望むように、無理をせず、ただ自分らしく居れば良いのです。

 

あなたがどう変えようと頑張ってみたとしても、相手にとってそれは苦痛です。それに、あなたの思い通りに運ぶ可能性は少ないでしょう。

自分が思った反応と、違う結果を返されたとしても、その事にいちいちイライラしていてはいけません。そうした意味で言うと、束縛もお互いにとってストレスでしかありません。

相手を信じ、肝要でいる事が、あなたにとっての幸せ。ひいては、相手の変化にも繋がります。

 

こうした考えには、確かに忍耐と時間も必要です。しかし、力や束縛でねじ伏せようとする行為は、お互いに疲弊するだけです。

やがて良い関係を築き上げることさえ難しくなってしまうでしょう。

 

「怒りっぽい原因」を自分に見つける

ありふれた言葉に聞こえるかもしれませんが、イライラして怒りっぽい原因を他人や環境のせいにするよりも、自分に原因を見つける方がよほど容易いです。

他人や環境を変える事はほとんど不可能です。たとえ環境を変えたところで、残念ながらもっとひどい環境が待ち構えている可能性だってあります。

 

自分の内面を変えるのは、時間がかかっても必ず可能な方法です。あなたは無理をして、他人や環境を変えようと躍起になってはいませんか?

 

「心と身体は一体」という考え方

内面を変える方法はもちろんですが、心理学の中にも「心と身体は一体である」という考えは根付いています。

中でも、「毎日の運動を欠かさない事」は、ストレスへの対処や不安やイライラの解消にとても効果的です。

 

人間は、自分自身の脳内で、感情を抑制する為の神経伝達物質「セロトニン」を分泌させる事ができます。この物質は、運動や規則正しい生活によって分泌させることができます

 

自分を変える努力は、何も考え方を変えるだけではなく、日々の習慣を変えることによっても変える事ができるのです。

神経伝達物質「セロトニン」は、20〜30分程度の運動で分泌されることが、科学的に証明されています。毎日規則的に運動を行う事で、どれだけ普段の心境に変化が起きるのか。

是非実感していただきたいです。

 

矢印2 イライラが治まらないのはセロトニン不足?

 

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら