セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » 穏やかな気持ちで過ごしたい – 心が穏やかになるサプリメント

穏やかな気持ちで過ごしたい – 心が穏やかになるサプリメント

読了までの目安時間:約 6分

心が穏やかになる方法

 

穏やか_気持ち

 

 

自分でも分かっているのに、ちょっとした頃でイライラしたり、大声で怒鳴ってしまったり。。

後でどれほど後悔しても、怒ってしまった後は、もうどうしようもないものです。

 

 

そんな経験は誰にだってあるのではないでしょうか。

しかし、世の中を見てみると、いつ見ても穏やかな表情で、どんな状況でも余裕がたっぷりある方も居ます。

 

すぐに動揺したり、心を乱される人から見れば、どうすればあんなふうになれるのか。自分との違いは一体どこにあるのか。そもそも、生まれつきの性格は変えられないのだろうか。

そんなふうに考えてしまう方もいるのではないでしょうか。

 

脳の中の神経伝達物質である「セロトニン」は、近年「幸福ホルモン」とも呼ばれており、穏やかな心を維持する為に、重要な役割を果たしているそうです。

また、最近ではセロトニンを増やす為のサプリメントも販売されるようになりました。

 

不安や緊張を作り出す神経

穏やかな心、常に落ち着いてどっしり構えている人も、すぐに同様したりイライラしてしまう人にも、もちろん生まれつきの性格が関係している事は当然の事です。

 

以前の記事にも紹介した通り、不安やイライラ、緊張などの感情は、ノルアドレナリン神経と呼ばれる神経が、大きく影響しています。ノルアドレナリン神経は、人間の本能である、危険を察知する為には、なくてはならない神経です。

 

しかし、ノルアドレナリン神経が過剰に反応し過ぎると、常にビクビクしてしまったり、不安や緊張を強く感じ過ぎるようになってしまいます。
それでは、この事と生まれつきの性格には、どのような繋がりがあるのでしょうか。

 

セロトニンが、神経を抑制してくれる

ノルアドレナリン神経の過剰な興奮を抑える働きをしてくれるのが、セロトニン神経から分泌される、神経伝達物質である「セロトニン」です。
セロトニンがしっかり分泌され、脳内の様々な神経に行き渡っていれば、穏やかな気持ちで過ごせる可能性も高くなる、という事になります。

 

事実、うつ病や不安神経症の患者さんの場合、脳のセロトニン濃度を増やす為の薬(SSRI)が処方されることが多いのがです。
この、セロトニンの分泌濃度自体には、ほとんど個人差はありません。しかし、問題はセロトニンを神経間で伝達する、セロトニントランスポーターと呼ばれる遺伝子です。

 

セロトニンがせっかく分泌されても、ノルアドレナリン神経までセロトニンが届かなければ、過剰な不安や緊張感を抑制する事はできません。

 

遺伝によって左右されるのは?

実は、セロトニントランスポーターは、遺伝によってセロトニンを運ぶ量に違いが有ります。

少ししか運ばない形状のものもあれば、多く運ぶ形状もあり、この「形状」は遺伝によって左右されるのです。

 

特に日本人は、遺伝的にセロトニントランスポーターが、少ない量しか運ばない形状の物が多いということが分かっています。

この点については、後から形状を変える事はできないので、諦めるしかありません。それでは、全ては遺伝によって決まってしまうために、穏やかな気持ちを維持する事は、自分ではどうしようもないのでしょうか。

 

結論から言えば、遺伝が決めるのは、セロトニントランスポーターの形状を含めて、沢山ある要因のうち、ほんの少ししか関係がありません。

ですので、自分の努力次第で、穏やかな気持ちを維持する事はできるのです。

 

セロトニンを増やす努力を怠らない

穏やかな心を維持する為に、すぐにでも取り組める事は、普段から脳の中のセロトニンをしっかり増やす努力をする事です。

 

セロトニンを増やす為には、継続的な運動や、毎日しっかり朝日を浴びる事。規則正しい生活習慣を行う事です。

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、こうすることでセロトニンを作り出す神経、セロトニン神経に刺激を与える事ができます。

 

また、セロトニンを作り出す材料となる、必須アミノ酸、トリプトファンを摂取する事も大切です。最近では、トリプトファンを効率良く摂取する為のサプリメントも販売されていますので、毎日の食生活のバランスに自信の無い方は、手軽にトリプトファンを摂取出来るサプリメントを試してみることもおすすめします。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら