セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » どうして寝れない?不安な夜の対処

どうして寝れない?不安な夜の対処

読了までの目安時間:約 4分

夜になると、突然ゴミ箱をひっくり返したかのように、頭の中に不安な考えが次から次へと襲ってくる..

そんな状況をなんとかしたいと考えている方は、少なくないようです。

 

寝れない

 

  • 先の事を考えると、どうしても不安で仕方がない..
  • 前向きに考えようとしても、全てに希望が持てない。
  • 夜になると、突然言い様のない孤独を感じてしまう。
  • 明日からの仕事の事などを考えると、憂うつで仕方がない。

近年、こうした症状を感じる方が年々増えている事が分かっています。

背景には、様々な要因が考えられますが、中でも注目されているのが、生活習慣やストレスが要因となって起こる「セロトニン不足」です。

 

実は、慢性的にこのような症状に悩まされている方に共通している特徴として、以下のような生活習慣があります。

  • 睡眠時間に規則性がなく、休日は午後まで寝ていることもある。
  • 朝から太陽の光を浴びる事が少なく、日中も室内に居ることが多い。
  • 体を動かしたり、運動をする機会がほとんどない。
  • 慢性的に、何らかのストレスを感じている。

このような生活習慣は、脳のセロトニン神経への刺激を少なくし、うつ病や不眠の原因となる事が分かっています。

セロトニン神経が弱る事で、脳の中で分泌されるセロトニンの量が不足し、不安やイライラ、恐怖感などの感情を、うまくコントロールする事ができなくなってしまうからです。

ストレス

さらに困ったことに、セロトニンは、睡眠ホルモンである「メラトニン」の前駆体となる物質です。
睡眠ホルモンは、夜の時間に分泌されることで、眠気や深い眠りを作り出してくれます。

 

睡眠ホルモンが分泌されなければ、質の良い眠りを得ることが難しくなってしまうという事です。

 

不安で脳が覚醒される上に、睡眠ホルモンが正常に分泌されない訳ですので、当然ながら睡眠の質はどんどん悪くなってしまいます。

セロトニンの分泌を増やすためには、当然ながら上記のような不規則な生活習慣を改める事が重要となります。

また、最近ではセロトニンを増やす為に必要となる成分を、サプリメントで補うこともできます。寝れない症状に悩んでいる方は、一度試してみることをお勧めします。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら