セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病予防 » 眠れない時の、おすすめサプリメント

眠れない時の、おすすめサプリメント

読了までの目安時間:約 5分

眠れない症状に、サプリメントは効く?

 

 

布団に入ってもなかなか眠れない。寝つきが悪く、何度も目が覚めてしまう。

 

こうした症状で悩む方は非常に多く、日本の一般人口を対象とした調査では、成人の5人に1人が、何らかの不眠の症状を訴えているとされています。

 

眠れない症状を改善する為のサプリメントや市販薬も、近年では多く扱われています。
サプリメントや市販薬の効果は、処方薬と比較すると即効性が低く、使用された方の中には、本当に効果があるのだろうか、と思われる方も多いようです。

今回は、眠れない症状で悩む方の為に、おすすめのサプリメントや食べ物、その効果について紹介してみたいと思います。

 

 

キーワードは、メラトニン

 

眠れない症状を解消させるために、重要なキーワードとなるのが『メラトニン』です。

 

メラトニンは、睡眠を司るホルモンとも言われるほど、睡眠にとって重要なホルモンです。
メラトニンは、日が沈むと同時に脳の中で作り出され始めます
このホルモンが分泌される事で、身体の各器官に「眠る準備をしなさい」という信号を送るのです。
メラトニンが正常に分泌されていないと、眠気を感じる事もなく、いつまで経っても眠れない、という事態に陥ってしまいます。

 

それでは、メラトニンをサプリメントで摂取すれば良いのでは

 

そう考えるのは自然な事かもしれません。
しかし、ご存知の方も多いと思いますが、日本では規制により、ホルモンなどのサプリメントは製造/販売が行われていません。

 

ホルモンをサプリメントで手軽に摂取できるようにすると、副作用が考えられる、という事も理由として考えられます。

 

 

欧米で販売されている、メラトニンサプリ

 

日本とは違い、欧米では自己責任の概念が強いため、こうしたサプリメントへの抵抗が薄く、規制も緩やかです。

その為、メラトニンのサプリメントも様々な種類の物が、市販のサプリメントとして販売されています。

 

日本で(インターネットで)販売されているメラトニンのサプリメントの場合、こうした海外の製品を「個人輸入代行」として取り扱っているようです。
このような製品の場合、万が一副作用が出ても、メーカーや販売社に責任を追求出来ず、全てが自己責任となります。

 

こうした理由で、私個人としては、おすすめはできません。

 

 

メラトニンは、サプリメント以外で摂取出来る

 

メラトニンは、サプリメントではなく、食べ物から摂取する事ができます。
例えばナイトミルクです。眠れない症状で悩む方は、1度は聞いた事があるかもしれません。

 

ナイトミルクは、通常のミルクの3〜4倍のメラトニンが含まれており、睡眠障害やうつ病の発症率が高いフィンランドでは、慣習的に飲まれているそうです。
暖めて飲む事で、リラックス効果を促すこともできます。不眠に悩んでいる方は、眠りにつく前に飲んでみる事をおすすめします。

 

この他にも、アメリカンチェリーや、乳製品にもメラトニンが含まれています。

 

 

サプリメントで摂取するなら、トリプトファン

 

メラトニンは、ホルモンのため日本では販売されていないという事を前述しました。

ただし、メラトニンを作り出す為の、必須アミノ酸「トリプトファン」はサプリメントとして日本でも手軽に購入する事ができます。

 

トリプトファンは、正確にはメラトニンを合成する為の前駆物質(材料となる物質)である、セロトニンが作り出されます。日が沈むとセロトニンから、メラトニンが合成されるのです。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら