セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病予防 » 「目つきの変化」はうつ病のサイン?

「目つきの変化」はうつ病のサイン?

読了までの目安時間:約 3分

うつ病であるかどうかを見分ける方法のひとつに、「目つき」があります。

うつ病の方の、目つきを見ると、その症状に深刻さが判断できる事もあります。
重度のうつ病患者さんの目つきは、いわゆる「うつろな状態」で、どこか遠くを見ているような、焦点が合わないような状態になっている事がよくあります。

 

また、人と会話をする際にも、目を合わせられなくなったり、目を合わせても無理やり合わせているように見えます。

病院の医師も、診察においてはまず患者の目つきを必ず見るそうです。診察室に入ってきて、患者さんの目つきを見れば、何らかの精神疾患にかかっているかどうか、概ね判断できる医師もいるそうです。

素人が判断するのは難しいかもしれませんが、敏感な人であれば気づくことができるレベルなのでしょう。

 

 

なぜ目が「うつろ」になってしまうのか?

 

うつ病患者さんの目つきが、「うつろ」になってしまう背景には、やはり無気力ということが大きく関係しています。

人は、目でものを見ることで様々な感情が生まれ、見たものに対して関心を示します。

 

しかし、うつ病になると何事にも関心を示さなくなってしまうので、「見る」という行為そのものに力がなくなってしまうのです。

よくぼ〜っとしてしまったり、遠くを見ているような表情が多くなってきたりした場合は、うつ病の傾向が強いと思って良いかもしれません。

 

躁鬱病の目つき

さらに、同じうつ病でも「躁うつ病」となると、また事情が違ってきます。

躁うつ病というのは、激しく気持ちが高ぶる「躁状態」と、激しく落ち込む「うつ状態」とが交互に現れる疾病です。

 

うつ状態の時は、うつろな目つきですが、躁状態のときはきつい目つきをする事があります。攻撃的になるので、人を恨むような目つきをすることもあります。

 

うつ状態の時と躁状態のときは真逆な状態となるので、うつ病が治ってきているのではないかと判断してしまう事もあるかもしれません。

しかし、躁うつ病の場合は、うつ状態の症状ばかりではなく、躁状態のときの症状もしっかりと把握しておかなければなりません。周囲が患者に対してどれだけ気を配れるかが大切なのです。
身近な人に、生気がないと感じたときは、まずその人の周囲にストレスがないかどうかを把握しなければなりません。

ストレスの原因が家庭なのか職場なのかによって、環境の改善方法もまた変わってきます。また、本人が病院へ行きたくないと言った場合などは、まず本人にもっとも身近な家族が、医師に相談してみるという方法もあります。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら