セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » 薬に頼らず、うつは治せる?効うつ剤の副作用

薬に頼らず、うつは治せる?効うつ剤の副作用

読了までの目安時間:約 4分

薬に頼らずに、うつ病を治したい

 

うつ病に悩んでいる方にとって、自分が処方してもらった薬が、どんな効能があるのか。どれほど自身のうつ病の治療に役立っているのかは、非常に重要な問題です。
うつ病は、1度発症してしまうと、完治までに時間が掛かる事が多く、薬との付き合いも、長く大変なものとなる事があります。

 

うつ病

 

 

お医者さんによって、効うつ剤に関する知識や認識も違い、処方される薬が全く違う事もよくあり、治療のスピートにまで違いが出てくることもあります。また、薬の副作用によっては、症状が長引いてしまう事もよくあるそうです。

 

1度、効うつ剤に慣れてしまうと、薬をやめた時の離脱症状や、反作用によって苦しむため、薬がやめられないという患者さんも沢山いらっしゃいます。

こうした理由もあり、できる事ならば、薬には頼らずにうつ病を克服したいという方が多いのではないでしょうか。

 

変わる、効うつ剤への意識

欧米では、なるべく薬に頼らずにうつ病を克服しようとい風潮が高まっています。

SSRIなどの効うつ剤を使用した患者さんが、自殺をしてしまう、という事件が相次いだ事で、SSRIに対する見方が徐々に変わってきているようです。

 

日本でも、SSRIが入って来たばかりの頃は「うつ病と思ったらすぐ病院へ行き、薬を処方してもらう。」という風潮でしたが、最近では、患者さんを中心に、こうした考えも見直されつつあります。

 

欧米での、うつ病や症例を見てみると、比較的軽度のうつ病患者さんには、SSRIが効果を発揮しているようです。しかし、重度のうつ病患者さんの場合、あまり効果がなく、場合によっては症状が酷くなる事もあるそうです。

効うつ剤は、自分に合った物が見つけられるまでは、何度も薬を変えて処方されたり、経過観察に時間を掛けたり、苦痛を伴う事が多くあります。

 

薬に頼らず、うつ病を治せる?

それでは、薬に頼らずにうつ病を克服する事はできるのでしょうか。
うつ病は、様々な症状が複合的に組み合わさり、簡単に治す事ができない病気です。

 

特に重度のうつ病患者さんの場合は、治療に長い時間を要します。場合によっては、一生うつ病と付き合って生きていかなければいけない事もあります。常に自殺願望と隣り合わせで生きていく辛さもあります。

 

重度の患者さんの場合、うつ病に関する高度な専門知識をもった、専門医の指示に従って治療を進める必要があります。その場合は、薬の服用も、もちろん専門医の指示に従う事が重要です。

 

軽度のうつ病は、生活習慣の見直しを

比較的軽度のうつ病や、生活習慣、睡眠時間が不規則なことで生じる、軽いうつ症状の場合は、まずは日々の生活習慣を改善する努力を始めてみると良いでしょう。

 

特に、不規則な睡眠時間は、脳のセロトニン神経を弱らせ、不安や活力を失う要因となります。昼夜逆転の生活は、うつ病を引き起こす要因となるので、絶対に避けるべき事です。

脳の神経伝達物質「セロトニン」は、不安や緊張感、興奮などの感情を抑制し、穏やかな心を生み出す為には欠かせない存在です。セロトニンをしっかり作り出す為に、不規則な睡眠時間や生活習慣を改め、根本的なうつ病の予防を意識する事が大切です。

 

最近では、セロトニンを作り出す材料となる、トリプトファンなどを含むサプリメントも販売されています。

普段から食生活が不規則な方は、試してみると良いかもしれません。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら