セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病症状 » 精神科の薬が欲しい – 手に入れる方法は?

精神科の薬が欲しい – 手に入れる方法は?

読了までの目安時間:約 5分

心を安定させるための精神安定剤や、眠れない時のための睡眠薬。

こうした薬を使い始めると、薬がなくなった時や、処方されなくなった時に、とても心細く感じるものです。

 

私自身も、数年前に睡眠導入剤軽度の抗うつ剤を使用していました。

早い段階で、自分自身に合う薬に巡り会えたこともあり、すぐに薬の効果を実感することができました。同時に、薬が無ければ落ち着かない。飲まなければ不安になる、眠れない、というように、薬から離れる事の心理的な難しさとも戦わなければならない日々の始まりでもありました。

 

不安

精神科の薬が欲しい!

 

特に、仕事をされている方や、学校の行事や家事など、誰かに迷惑をかけてしまうという場合には、「休むことができない」という不安がつきまといます。誰かに弱い自分を見せたくもありませんし、身体や精神状態が不安定な状態のまま切り抜ける事に、強い不安を感じます。

薬が無ければどうしていいか分からない、という不安は、益々強くなります。

 

精神安定剤、抗うつ剤は売っている?

結論から書くと、精神安定剤抗うつ剤睡眠薬睡眠導入剤など、神経に作用する薬は市販薬としてドラッグストアや薬局で販売されている事は、まずありません。

睡眠薬に関しては、睡眠改善薬と言われる物がドラッグストアなどで販売されている事があります。ドリエルネオデイなどの薬を目にした事があると思いますが、これらが睡眠改善薬と呼ばれる市販薬です。

 

これらは、あくまでも睡眠改善薬です。睡眠薬とは、成分も作用機序も大きく異なります。あくまでも短期的な効果を見込んだ物ですので、突発的な不眠の症状には、一時的に効果があるかもしれません。

 

抗鬱剤や精神安定剤も同様で、一時的には効果が見込めるような、ハーブのサプリメントなどが薬局やドラッグストアで販売されている事があります。有名な物では、セントジョーンズワートといった物がありますが、効果については様々な意見があります。

 

矢印2 セントジョーンズワードとは?

 

精神安定剤

 

手を出すと危険?個人輸入代行の薬

先ほど、睡眠薬や精神安定剤は、市販では販売されていないと書きました。

しかし、このブログを読んで頂いている方の中には、不思議に思った方もいるかもしれません。

実は、インターネットを探してみると、何故か販売が禁止されているはずの精神科の薬(睡眠薬や抗うつ剤、精神安定剤)が、堂々と販売されているからです。

 

実は、インターネットの世界では、海外の薬を輸入して販売する、個人輸入代行という方法で薬やサプリメントを販売する業者が多数存在しています。こうした業者を利用するれば、インターネットで簡単に、日本では処方箋が無ければ購入できないはずの薬が手軽に手に入ってしまうのです。

ただし、当然の事ながら、安全性や副作用が起きた際の保証がされていないこうした薬を使用することは、非常に危険です。

 

このような、神経に作用する薬や、安全性の保証されていない海外のサプリメントを使用する場合は、リスクを充分に考慮した上で購入する必要があります。当然ながら、私個人としては、とてもお勧めはできません

以前にも、こうした薬を使用する上での危険性について記事にしています。きになる方は、参考にされてみてください。

 

矢印2 精神安定剤の市販薬 − 買ってはいけないサプリ

 

精神科の薬は、必ず医師の処方を

精神安定剤や抗うつ剤、睡眠薬などを使用する場合は、絶対に医師の処方が必要です。
どれだけ気をつけていたとしても、強い不安や焦燥感に襲われた時は、必ず規定の量を超える薬の量を服用してしまいます。こうした、強い衝動に駆られる瞬間というのは、正常な判断などはまずできません。

 

繰り返しますが、どれだけ正常な判断をしようと思っていても、強い不安に襲われた時は、苦痛から逃れる為に、自然と薬に手が伸びてしまうものです。いくら注意をしていても、一度こうした薬に頼った経験のある方なら、自分の意思で自制する事の難しさを知っているのではないでしょうか。

だからこそ、精神科の薬は、しっかりと医師に診てもらい、正しい服用の仕方を指導してもらうべきなのです。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら