セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » 薬とサプリメント「うつ病の薬」は、飲み合わせに要注意!

薬とサプリメント「うつ病の薬」は、飲み合わせに要注意!

読了までの目安時間:約 4分

うつ病の薬とサプリメントの飲み合わせ

 

うつ病の治療で処方されるお薬は、実に様々な種類の物があります。
セロトニン神経と呼ばれる、感情の抑制に作用する神経に影響する物もあれば、まずは睡眠時間を規則正しくするために、睡眠薬が処方される事もよくあります。

 

うつ病_薬

 

最初はどの薬が患者さんに合うのか?効果を確認をする為にも、お医者さんはいくつか種類を変えて、お薬を処方してきます。そんな時に気をつけなければいけないのが、処方されたお薬と、普段使用しているサプリメントや漢方との、飲み合わせです。

 

効うつ剤の副作用は、危険性が高い

基本的には、どのようなサプリメントや漢方でも、うつ病の治療に用いるお薬との飲み合わせには注意が必要なのです。

うつ病の治療に用いる薬は、多くの場合、セロトニン神経と呼ばれる、脳の様々な神経に刺激を与える神経に影響します。その為、万が一セロトニン神経が暴走する程の副作用が起きた場合、どのような事が起こるのかも、全く想像がつきません。

 

セロトニン神経が過剰に反応し、副作用を起こす事を「セロトニン症候群」と呼びますが、重度の場合は命にも危険を及ぼす、大変危険な症状です。

セロトニン欠乏脳を引き起こすと、多くの場合、強い不安感情や、焦燥感、めまいや発作などを引き起こします。

 

セントジョーンズワートは、要注意

セロトニン症候群の原因として多いのが、SSRIなど、セロトニン神経に作用する効うつ剤の使用量を誤る事です。また、効うつ剤と他の薬との飲み合わせや、稀な例ですが、サプリメントや漢方との飲み合わせによっても引き起こされることがあるそうです。

 

先ほども書いた通り、サプリメントの場合、こうした症状を引き起こす事は非常に稀ですが、セントジョーンズワート(セイヨウオトギリ草)と呼ばれる、ハーブのサプリメントには注意が必要です。

このサプリメントは、ヨーロッパではうつ病の治療薬と用いられる事もある、セロトニン神経に作用するハーブです。このハーブの成分は、セロトニン神経にSSRIに似た効果を示すとされています。

軽度のうつ病には改善効果を発揮するとして、日本ではサプリメントとして、インターネットの通販サイトで販売されています。

 

セントジョーンズワートと、効うつ剤の飲み合わせは、セロトニン症候群などの、酷い副作用を引き起こした症例があります。効うつ剤や睡眠薬などを使用している方は、必ず担当の医師や薬剤師さんに、副作用の危険性を確認するようにしましょう。

 

特に飲み合わせに注意すべき、SSRI

サプリメントは薬では無いため、薬との飲み合わせや、服用量はあまり気にしなくても良いと考えている方も多いと思います。しかし、セロトニン神経に作用する、SSRIなどのお薬とは、飲み合わせを慎重に確認する必要があります。

 

うつ病で薬を処方された際には、手持ちのサプリメントなどとの飲み合わせを医師にしっかり確認するようにしましょう。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら