セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病対策 » 「抗うつ剤」は効果が現れるまでに時間がかかる

「抗うつ剤」は効果が現れるまでに時間がかかる

読了までの目安時間:約 4分

抗うつ剤の効果が現れるまでの期間

 

 

抗うつ剤の種類によっても様々ですが、ほとんどの場合、抗うつ剤を服用してはっきりと効果を実感できるようになるまでには早くても1週間程の期間がかかると言われています。

 

抗うつ剤の役割は、多くの場合、ノルアドレナリンやセロトニンなどの、神経伝達物質の働きを増強して、神経細胞の情報伝達を促進させる働きを促すものです。

 

 

効うつ剤の効果と、うつ病の症状

効うつ剤の効果は、具体的には以下のような物です。

 

①意欲の亢進作用
うつ症状による、考え方や行動の抑制を取り除き、意欲を向上させる。

 

②気分の高揚
抑うつ気分を解消し、気分を高揚させる。

 

③不安の解消
不安、緊張、焦燥感などに症状を取り除く。

 

うつ病の症状は、人によって様々な症状な出方をします。

憂うつ感が特に酷い方もいれば、不安や焦燥感が強い方など、症状に強弱もあります。

治療は、症状に合わせて、様々な効うつ剤を使い分ける事になります。神経に直接働きかけるお薬もあれば、漢方のような薬もあります。

 

始めにも書いたように、薬の種類にもよりますが、抗うつ剤は服用し始めてから、効果を感じられるようになるまでに、1週間程度の期間がかかると考えておいた方が良いでしょう。

 

更に、充分な症状の改善効果を得られるようになるまでには4週間程は必要と考えられています。

 

 

抗うつ剤を使用した時の改善経過

 

効うつ剤の効果が現れるようになるまで、一般的には以下のような症状の改善経過を辿る事が多いと考えられています。

 

①まず、身体症状が軽くなる。

②次に抑うつ気分が消えてくる。
③意欲が向上し始める。

 

あくまで、一般的な例ですので、このような回復経路を辿らない方もいらっしゃると思います。

 

 

効果が現れるまでの期間

 

うつ病は診断の基準が難しく、症状が複雑で「型にはまらない」病気です。

重度のうつ病患者さんと、軽度のうつ病患者さんでは、その症状も全く違います。

 

比較的、軽度の場合は、効うつ剤を飲んで、すぐに症状が改善する場合もあります。

とはいえ、一般的には、軽度のうつ病でも、抗うつ剤を飲み始めて、効果が得られるまでに1週間程度。完治するまでには半年程の期間が必要とも考えられています。

 

重度の患者さんの中には、何年間も薬を飲み続けても症状が改善せず、苦しい期間が長く続く場合もあります。

 

 

絶対に、自己判断で使用しない

 

抗うつ剤を使用している型の場合,自己判断で勝手に薬の服用を辞めたり、薬の量を勝手に変えたりすることは非常に危険です。

 

特にセロトニン神経に作用する薬の場合は、セロトニン症候群や離脱症状などの、時に非常に危険な副作用を引き起こす事もあります。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら