セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病対策 » 抗不安薬に副作用はある?不安や焦燥感が強くなる

抗不安薬に副作用はある?不安や焦燥感が強くなる

読了までの目安時間:約 4分

医薬品である抗不安薬に、全く副作用がないという物はありません。薬の成分によって副作用も様々ですし、副作用の種類や強さも様々です。

薬に使われている成分も様々で、どの神経にどのような作用を与えるか、という点が副作用の強さや種類に大きく関係してきます。

精神安定剤

 

抗不安薬の副作用

 

近年主流となっているうつ病の薬、抗不安薬に、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)があります。SSRIの具体的な薬としては、以下のような薬剤名が挙げられます。

 

  • デプロメール
  • ルボックス
  • パキシル
  • ジェイゾロフト
  • レクサプロ

 

SSRIは、抗不安薬としては、比較的、副作用や依存症が少ない薬と言われる事もある薬です。しかし、実際にはSSRIを使用した事のある方で副作用を感じる方は非常に多いのが実際のところのようです。

具体的な副作用として、は以下のような症状が挙げられています。

 

  • 喉の渇き、吐き気、胃のむかつき、食欲不振
  • 頭がぼーっとする、眠気
  • 不安感の増大、イライラの増大
  • 動悸
  • 性欲の低下
  • その他

 

SSRIの効き目には、個人によって大きな差があります。また、服用量や飲み合わせによっては、非常に危険な副作用が現れる事があります。
中でも、神経の暴走とも例えられる、セロトニン症候群と呼ばれる副作用は、特に恐ろしいものです。不安感の増大や激しい焦燥感、発作や嘔吐などを引き起こし、最悪の場合、発作的な自殺を引き起こす事もあるとされています。

 

セロトニン症候群の兆候と対処法のまとめ

 

また、こうした抗不安薬は、服用期間が長い場合、薬をやめようとすると「離脱症状」と呼ばれる苦しい症状が出る事がよくあります。

離脱症状には、混乱や震え、めまいや、倦怠感。ひどい場合は幻聴や幻覚があらわれます。

この離脱症状に耐えられずに自殺を図ってしまうという話もよく聞くことがあります。

 

SSRI以外の抗不安薬

SSRI以外の薬ではどうなのでしょうか。その他の薬においても、神経系に作用するという意味では、似たような副作用を伴うことが普通です。

不眠症の対処療法に用いられる、睡眠薬にも似たような性質があります。

 

私自身、心療内科でこのようなお薬を処方してもらっていました。個人的な見解としては、なるべくこのような薬に頼らない方法を見つける事が一番の根本治療だと考えています。

 

不安を解消するためのサプリメント

薬ほどの強い効き目は期待できませんが、症状を緩和させたり、根本治療に役立てるサプリメントも販売されています。
サプリメントの場合、副作用がないという点では、安心して使用できる物です。

 

セロトニン不足の対策サプリ

 

私自身、精神安定剤を使用する事自体が悪いとは、全く思っていません。
しかし、もし使用しなくても済む方法があるのであれば可能な限り使用しないほうが良いと考えているのが、正直なところです。

 

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら