セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » 心を強くする – 心を強く保つ方法とは

心を強くする – 心を強く保つ方法とは

読了までの目安時間:約 3分

形のない「心」について書くことは、とても難しい事です。

「心を強くしたい」「心が折れそう」という言葉をよく耳にすることがあります。

 

一体、心とはどういう物で、どうすれば心が折れず、強く保つことができるのでしょうか。

 

心を強くする

心を強くするには

 

はじめに、心は形がないと書きました。

 

しかし、実際には私たちがストレスを感じたり、何かに絶望したり、不安になったりすることは、脳の中で行われている作用です。

私たちが感じる感覚全てが、脳の神経細胞の中で起きている反応だと書いてしまうと、少々寂しい気もしてしまいます。
しかし、ストレスや不安に打ち勝ち、心を強くする為には、この事を頭に入れておく必要がありそうです。

 

心をコントロールする神経

人間関係にストレスを感じたり、些細な事でイライラしたり。。
欲求が抑えられない、嫉妬や憎悪、不安がコントロールできない、、
こうした現象の全ては、脳の前頭前野の神経系に原因があると考えられています。

脳

快感や意欲を司る、ドーパミン神経

不安や恐怖、緊張感を作り出すノルアドレナリン神経

 

これらの神経系は、常にその時々に応じ、うまく機能しています。
依存症や興奮は「快」の感情を作り出すドーパミン神経が大きく関係しています。

緊張感や恐怖の感情は、ノルアドレナリン神経から作り出されます。

 

これら2つの神経のバランスが保たれる事で、平穏な心や、やる気などの感情が生まれてくると考えられています。

そして、2つの神経をコントロールしていると考えられているのが、セロトニン神経です。

セロトニン神経を強くする

実は、セロトニン神経を強く保つという事は、つまりは心を鍛えるという事にも繋がるのです。

セロトニン神経は、不規則な生活習慣を続けていると、徐々に弱ってしまうという事が分かっています。

セロトニン神経を強く保ちたいなら、習慣的に朝は早起きを心がける事が大切です。

さらに、セロトニン神経を刺激するために、しっかりと太陽の光を浴びることも重要です。

 

セロトニン神経が強く保たれると、ドーパミン神経とノルアドレナリン神経を、適度な状態に保つための神経伝達物質「セロトニン」が分泌されます。
このセロトニンこそが、心を穏やかに、強く保つ為には必要な物質なのです。

 

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら