セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » 心の不安を取り除く – 科学的で安全な方法

心の不安を取り除く – 科学的で安全な方法

読了までの目安時間:約 4分

心の不安を取り除く方法は、抗うつ剤しかないというわけではありません。
それどころか、あまり手軽に抗うつ剤を使用し続けていると、危険な副作用依存症に陥るということさえあります。

 

不安

 

抗うつ剤や睡眠薬、精神安定剤といった類の薬は、常に新しいものが発売されています。

 

新しい薬が発売される度に、「この薬は、これまでの薬と比較して、依存症や副作用がほとんどない」と言われます。

しかし、それは本当なのでしょうか。

多くの場合、抗うつ剤や精神安定剤は、発売されてから長い時間が経って、初めて副作用や依存症の問題が明るみに出ます。

 

多くの人が使用し、時間をかけてみて初めて、様々な副作用が確認されるのです。

これは、抗うつ剤においては毎度の慣習となっているように感じます。

 

安全に、科学的に不安を取り除く方法とは

 

しかし、医薬品を使わずに不安を取り除く方法など、この世には存在するのでしょうか?

そう考えている方の方が、一般的であるという事は、私自身もよく知っています。

 

考えすぎ_不安

しかし、科学的にも、それは可能だと考えられています。

 

もちろん、症状の度合いにもよりますが、不安や緊張感を感じる症状に有効とされる方法が実際に存在しています。

それは、セロトニン神経と呼ばれる、脳内神経を鍛えることなのです。

 

セロトニンは、不安や恐怖、緊張感などを抑制するための物質です。

セロトニン神経がなんらかの理由で弱ってしまうと、脳内でのセロトニン分泌濃度が不足し、不安や恐怖感などを抑制することが難しくなってしまいます。

 

うつ病には、もともとの遺伝子の問題からセロトニン不足が生じて発症する、先天的なうつ病と、生活習慣などからセロトニン不足が生じて発症する後天的なうつ病の、2種類があります。
先天的なものは家計的に発症者が多かったり、うつ状態と躁状態が繰り返されるなど、特有の症状が見られます。
セロトニン不足によって生じるものは、最近増加傾向にある「心の風邪」といわれるような、比較的軽いうつ病です。

 

出典:「脳からストレスを消す技術」有田秀穂 著

 

セロトニン神経を鍛えるためには、習慣的に毎日運動をすることや、朝から太陽光をしっかり浴びる、といった「生活習慣の改善」が重要だと言われています。

また、最近ではセロトニンを増やすためのサプリメントも、安全な物が多く販売されています。

 

こうしたサプリメントは、抗うつ剤のように副作用があるわけではありません。

セロトニンを作り出す材料となる、必須アミノ酸「トリプトファン」や、抗ストレス作用の高い「ビタミンB群」などを含む物が一般的です。

 

科学的にも、これらの栄養成分が不安感の抑制に効果的に働くという事が分かっています。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら