セロトニンのサプリと増やす方法 » うつ病 » うつ病対策 » 季節性うつ病が、眠れない原因に?

季節性うつ病が、眠れない原因に?

読了までの目安時間:約 3分

うつ病と睡眠障害の関係

 

 

うつ病になると、多くの場合、睡眠障害を併発するそうです。
うつ病は、自分ではなかなか気付きにくい病気ですが、睡眠障害は気付きやすい病気ではないでしょうか。

 

眠れない症状が気になって、病院へ行くと「うつ病」と診断された。というケースも多いようです。

 

季節性うつ病も、不眠症を引き起こす

うつ病の中でも、季節性うつ病は、ちょっと特殊な物です。
季節性うつ病は、多くの場合、秋、または冬に出現するうつ症状が特徴です。

 

毎年同じような時期にうつ症状が現れる場合は、季節性うつ病が疑われます。

 

深夜に目が覚める、、

睡眠障害の中でも、うつ病や季節性うつ病が原因で、多い症状が、深夜に目が覚める症状だそうです。
夜中の2時〜3時頃に目が覚めてしまい、そのまま明け方までほとんど眠れないという症状です。

 

こんな夜中に目が覚めても、もちろん話す相手も居ないですし、強い孤独感を感じます。。
頭が重く感じ、布団から起き上がる気力も湧いてこないのが、こうした「うつ病」の特徴です。

 

早めに薬で治す

私の場合は、軽度のうつ病で、なかなか寝付けなかった事がありました。
寝付けないと一言で言っても、ほとんど朝まで眠れずに、布団の中で悶々としたり、震えが止まらなかったりします。

 

眠れない事だけが辛いという訳ではなく、どちらかと言うと、不安や孤独感が強いこと自体が辛い症状です。

 

眠れない事が原因で、うつ病の症状も余計に酷くなってしまう事があります。

うつ病の方の不眠の場合は、睡眠薬などで、ある程度症状を軽減させる事ができます。
なるべく我慢せずに、早めにお薬などで症状を軽減させることをおすすめします。

 

安心のサプリメントで、不眠やイライラを解消

セロトニンが与える影響
やる気と活力
不眠症の改善
自律神経失調症
セロトニン不足を解消_おすすめのサプリ
まずはこちらから
人気の記事はこちら